美しい海を守りたい♡

運命の輪を回す
スピリチュアル・トータルコンサルタント
真善美(ますみ)です^^




なかなか日本では報道されないようで
ネットではこの事故のことがかなり話題となっています。

石油タンカー・サーンチーの衝突事故

2018年1月6日に東シナ海の上海沖で発生した[1]。サーンチー号は、パナマ船籍、イラン政府所有の石油タンカーである。ペルシア湾から韓国へ、136,000トンの天然ガス・コンデンセートで満積になった状態で航行中、長江河口から東へ 160海里 (300 km) の地点で、香港船籍の貨物船、長峰水晶号と衝突した(#衝突)。サーンチー号は衝突直後に出火し、約1週間にわたって燃えながら漂流して、1月14日に沖縄の北東 160海里 (300 km) の日本の排他的経済水域内で沈没した(#沈没)[2]。サーンチー号の乗組員32人全員が助からなかった。長峰水晶号の乗組員は全員救助され、船は中国に入港した。イラン国営石油会社の試算によると、サーンチー号の沈没によりもたらされた経済的損失は、積荷の喪失により6千万ドル、船自体の喪失により5千万ドル、合わせて約1億1千万ドルと見られる。環境への悪影響が懸念されている

ウィキペディアより

【タンカー事故原油流出】日本への影響は深刻…鈍い政府、報道しないメディア 海外から対応のまずさを指摘する声



イギリスの国立海洋学センターの予測

グリーンピースでは
早くも声明を出しています。

2018/01/15 グリーンピース声明:石油タンカー事故、環境リスクを懸念
プレスリリース – 2018-01-15
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿、以下グリーンピース)は本日15日、中国上海の沖合で6日に貨物船と衝突して火災が発生したパナマ船籍の石油タンカーが日本近海で沈没したことを受け、下記の声明を発表しました。
「亡くなった乗組員のご冥福をお祈りするとともに、いまだ行方不明の方々が一刻も早く見つかることを祈ります。グリーンピースは、タンカーに積まれた軽質原油コンデンセート13万6000トン(約100万バレル相当)の流出によって、起こりうる環境への影響を懸念し、今後の除去作業の状況を注視しています。

現時点では、海に流出したコンデンセートの正確な量、どのくらい燃焼または蒸発したかを見積もるのは不可能です。コンデンセートは軽質、無色、ある程度可溶性であるため、濃厚な原油よりも水から分離させるのが一層困難です。

コンデンセートには硫化水素などの有毒成分が含まれており、その揮発により大気汚染が引き起こされます。 さらに、これらの化学物質の燃焼および分解プロセスにおいて、一酸化窒素、二酸化窒素、窒素酸化物、硫黄酸化物などの汚染物質が発生し、ヒトが吸入したり皮膚に触れた場合に有毒となる可能性があります。流出量をできるだけ早く調査し、適切な封じ込めと除去対策を講じなければなりません」

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン」より

Sanchi乗組員32人全員が助からなかったようで
お亡くなりになられた皆様の
ご冥福をお祈りするとともに
この事故の環境汚染を早く解決できるよう祈るばかりです。

トカラ列島の宝島には
もう油が到達しているようです。

この事故を知って
UFOに訪ねたところ
彼らは
すでに早急の対処をしてくれていて
福島原発事故同様
深刻な被害にならないよう
応援してくれているとのこと。

福島原発事故から
約7年経ちますが
深刻な被害を及ぼす
このようなタンカー事故が
日本近郊で起きるというのは
なにか因縁のようなものを
思わずにいられません・・・。

地球はどんどんアセンションしているのに
人間はなぜ、変わらないのでしょう?

ここでもう一度
原子力も石油のエネルギーを
見直す時期がもう来ているのでしょうね。

心からの愛を
美しい海に捧げたいと思います・・・。

もっと自由に♪もっと楽しく♪もっとわくわくしながら♪
より自分らしい最幸な人生のためには
スピリチュアル・トータルコンサルティング
まずは「体験コンサル」がおすすめですよ♪
好評の神様からの「神託ヒーリング」もどうぞ♡

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!!!
あなたのために感謝の想いを込めて・・・♡
クリック♪
↓↓↓神聖なる愛と光のエネルギーをお送りいたします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

クリック♪
↓↓↓さらなるスピリチュアルな奇跡が起きますように
心を込めてお祈りをお送りいたします♡