「13の月の暦」 の上では
今日二月七日よりより
[黄色い銀河の種]の年”銀河の月”1日目です。
この日から28日間
三月六日までは”銀河の月”となります。
ちなみに
本日は
KIN100
黄色い太陽の太陽
【キンの書】
KIN72
私は照らすために脈動させる
生命を実感しながら
意図の太陽の音で
私は普遍的な火の母体をシールする
私は知性の力に導かれる
転記以下
●”銀河の月”について
信じるように生きる。
それが、銀河の完全性のハーモニー。
信じるように生きることができているだろうか?
信じる通りに生きることが、宇宙の目的に合い、自然の摂理に合っているだろうか?
「行い」が、「倍音」の響きとなり、宇宙にフラクタルに広がっているだろうか?
「行い」が、宇宙のリズムを刻んで、万物にその「律動」が平等に広がっているだろうか?
「行い」が、心に深い「共振」を呼び起こし、宇宙に共振の輪を広げているだろうか?
倍音の月、律動の月、共振の月、そして銀河の月、
この4つの月は、「行い」を宇宙に拡張する月。
銀河の月の28日間には、
自己の信じる「行い」が銀河と、ハーモニーを奏でていることを日々確認してみよう。
信じるように生きることが、宇宙に響き、共振の波を呼び起こし、
宇宙にハーモニーをもたらしているだろうか?
天の川として輝く「銀河」に目を向けよう。
Do I live what I believe?
転記以上
http://cosmic-diary-internet.com/whats_cd/meaning/
さて
この”銀河の月”は13の月の暦の上で8番目の月です。
この「銀河の月」のテーマは
”私は自分の信じている通りに生きているか?”
です。
ちょうど、
この時期、現地時間では2/7より
ロシアのソチでは冬季五輪が開催されます。
実は昨年の
ロンドンオリンピックも
13の月の暦とリンクしていて
マヤの暦で元旦である7/26あたり(7/27)での開催でした。
オリンピックといえば
さまざまな競技に
夢と希望をかけて
4年という時間をかけて
選手たちが熱き戦いを
繰り広げるスポーツの祭典ですが
今回
ソチオリンピックが
この銀河の月から始まるという意味もまた
選手たちにとっても
”私は自分の信じている通りに生きているか?”
というテーマの通りなのではないでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ