●清明(せいめい)とは・・・
清明(せいめい)は、二十四節気の第5。三月節(旧暦2月後半から3月前半)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が15度のときで4月5日ごろ。
暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
恒気法では冬至から7/24年(約106.53日)後で4月7日ごろ。
期間としての意味もあり、この日から、次の節気の穀雨前日までである。
万物がすがすがしく明るく美しいころ。
『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。
様々な花が咲き乱れ、お花見シーズンになる。
(ウィキペディアより転記)
●世界の清明(せいめい)
中国における清明節は祖先の墓を参り、草むしりをして墓を掃除する日であり、「掃墓節」とも呼ばれた。
日本におけるお盆に当たる年中行事である。また、春を迎えて郊外を散策する日であり、「踏青節」とも呼ばれた。
『白蛇伝』で許仙と白娘子が出会ったのも清明節でにぎわう杭州の郊外であった。
また清明節前に摘んだ茶葉を「明前茶」、清明から穀雨までの茶葉を「雨前茶」、穀雨以後の茶葉を「雨後茶」という。
中国で緑茶は清明節に近い時期に摘むほど、香りと甘みがあり、高級とされている。
沖縄県では「シーミー」(首里地方では「ウシーミー(御清明)」)と発音し清明祭ともいう。
中国の風習と同様にお墓の掃除をするとともに墓参を行い、
まるでピクニックのような雰囲気で親類が揃って
墓前で祖先と共に食事(餅や豚肉料理、お菓子、果物など)を楽しむ風習がある(墓庭が100坪あることもある)。
(ウィキペディアより転記)
さて
この日から風水では”月変わり”となり
4月が本当にスタートする日です。
※なかなかブログで
ご紹介できませんでしたが
風水でいうところでは
暦暦というものを使うので
月の1日が最初とはなりません。
そのあたり、またお書きしますね^^
4月は3月から引き続き
「木」の季節となります。
新学期が始まり
入学、入社など新しい生活が始まる方も多いかと思いますが
”風”を意識することが
今年の開運ポイントとなりますので
この時期はぜひコミュニケーションを心がけて
新しい出会いの場や集いには
ぜひご参加してみてくださいね!
その際は
髪をふんわりさせたセットがおススメ^^
長い髪ならアップのアレンジがよいでしょう。
香りは輪を呼ぶような
オレンジやグレープフルーツなど柑橘系などおススメです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ