「13の月の暦」 の上では
12月13日より
[赤い太陽の月]の年”律動の月”1日目です。
この日から28日間
1月10日までは”律動の月”となります。
ちなみに
12月14日は
KIN149
赤い律動の月
(Red Rhythmic Moon)
【キンの書】
私は清めるために組織する
流れをつり合わせながら
普遍的な水の処理を封印する
同等の律動の音で
私は自らの二重の力に導かれる
私は銀河の活性化の正門 私に入りなさい
転記以下
●律動の月
平等を広げる。
人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、平等であること。
それが、宇宙の構造。
宇宙的な視野から、「平等」とは?考えたことがありますか?
宇宙の「律動」から、すべての生命が生まれたこと。
そして、その生命の「律動」が、今も、継続していること。
そして、これからも継続しつづけることを感じた時。
人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、
すべての生命が、同じ宇宙の「律動」から生まれ、今も、その宇宙のリズムに合わせて生き、生活していることを感じた時に、
宇宙的な「平等」という意味を実感するでしょう。
そして、宇宙のオーガナイズ(構造)というもの、そのシンプルな仕組みに気づく。
すべての行為が、その「平等(観)」を他に広げるような形をとった時に、
その「行い」が、宇宙のリズムに沿った行いであることが明確になる。
律動の月の28日間には、
28日のリズム、13のリズム、20のリズム、1日のリズム、呼吸のリズム、風のリズム、
月のリズム、波のリズム、魂が呼応する音楽のリズム、心のリズム、すべてのリズムの中に、
宇宙の律動を感じる。そんな28日間を過ごしてみよう。
宇宙のリズムは、すべての生命が、
そして、星のかけらでさえ、平等であることを感じさせてくれる。
How can I extend my equality to others?
転記以上
13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」より
http://cosmic-diary-internet.com/whats_cd/meaning/
この”律動の月”は13の月の暦の上で6番目の月です。
さて
この「律動の月」のテーマは
”同等を他の人にも拡張するには?”です。
ちなみにトーテムはトカゲで
働きは”トカゲは同等を組織する”です。
キーワード”同等”ですが
13の月の暦の中の「ウェイブスペル」では
”挑戦を執り行う”という部分に入っていきます。
そしてそれは
”同等を命じる”というキーワードとなります。
4か月間の
”行為のリズムを拡張する”方法へ意識を合わせていきます。
※13の月の暦を理解したい方へ・・・
こちらの講座がおススメです^^
「13の月の暦 講座」
http://blog.trinity-in.com/article/257276259.html
<ヒーリングショップ空船> より
13の月の暦「赤い太陽の月の年」の手帳、販売しています。
http://shop.trinity-in.com/ca5/279/p-r-s/
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ