先日、
Google主催の「ツァイトガイストカンファレンス」も
その後、大きな動きもなく・・・という感じですし・・・

ビルダーバーグ会議 2015 について


とお書きした
なんと5/11のそのタイミングで!
Zeitgeist conference 2015が
2015.5/11-5/12の二日間、ロンドンで行われていたようです。
調べると
ロンドンのハートフォードシア
グローヴ ・ホテルで
Google 共同創設者 ラリー ・ペイジと
議長 エリック・シュミットが主催し
政治家、王族、メディア の大物、インターネット界の天才
ロックスターなどということです。
招待客はいっさい非公開ということですが
前 ビル・クリントン 米大統領 、 歌手 アニー・レノックス 、
ゴールドマン・サックス のBRICs 指導者 ジム ・オニール
アーセナル ・マネージャーのアルセネ・ウェンガーと
モデルのリリー ・コール、
BBCのステファニー ・フランドルらの情報は漏れているようです。
前年は
チャールズ皇太子 、 デイビッド ・キャメロン 、
リチャード・ブランソン卿 、ボリス ・ジョンソン と
J・マードックらがいたとのこと。
ツァイトガイストカンファレンスの
内容はもちろん非公開ですが
Googleが世界を変えるためのセッションとして位置づけられ
各方面からのスピーチやパネルディスカッションなどがあり
ビルダーバーグ会議のように
これから一年のグローバリズムの流れや方向性を決めているようです。
このなかで
今年の参加者に
前 ビル・クリントン 米大統領がいるということは
やはり
大統領選でヒラリー女史の当選は確実に思われますね・・・。
さて
ちなみに
5/12にこのような記事がありました。
転記開始
「コンピュータは人間を100年以内に上回る」:S・ホーキング氏、AIに警鐘
Techworldの報道によると、
有名な物理学者のStephen Hawking氏はロンドンで現地時間5月12日、
「Zeitgeist 2015」カンファレンスの講演で次のように述べたという。
「次の100年間のある時点で、コンピュータはAIによって人間の能力を超えるだろう。
それが現実になったとき、われわれはコンピュータが
人類の目標と異なる目標を持たないように気をつける必要がある」(Hawking氏)
もちろん、われわれは現在もコンピュータが人類の目標と異なる目標を持たないように気をつける必要がある。
そして、今後もそれを防ぐ努力を続けなければならない。
しかし、コンピュータが賢くなればなるほど、
コンピュータがその高度な知性で下す決定を予測するのは困難になる。
Hawking氏は以前、AIは人類に起きた最悪のことかもしれない、と警告したことがある。
同氏は12日、「人類の未来は、進化するテクノロジの能力とそれを使う人類の賢明さの競争だ」と述べた。
転記終了
http://japan.cnet.com/news/offtopic/35064488/
ちょうど
「2014.12/22の朔旦冬至(さくたんとうじ)の儀式 2015年リーディングメッセージ」

2014.12/22の朔旦冬至(さくたんとうじ)の儀式 2015年リーディングメッセージ


「人工知能と人間の将来」

人工知能と人間の将来


この二つの記事で”人工知能”についてお伝えしています。
もうすでに
私たちの生活に欠かせないものとなった
コンピューターですが
その一角を担っている”人工知能”なしに
これからの時代はありません。
そして
”人工知能”は飛躍的に
私たちの生活を激変させていきます。
「Zeitgeist 2015」カンファレンスで語られているならば
確実に
その一歩はこの2015年からスタートすることでしょう。
インターネットが
便利にもなるし
逆の弊害もあるように
コンピューターもそうですが
どんな形であっても
使う人間が意図をもって使うということを絶対に忘れないでください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ