ジャケットはご本人のお子様なんだとか・・・かわいいですね^^♪
運命の輪を回す
スピリチュアル・トータルコンサルタント
真善美(ますみ)です^^
昨日のNHK「SONGS」という番組で
オザケンこと
小沢健二さんが出ていましたねー^^
私と同じくらいの世代なら
当時のファンも多いと思うので
ご覧になられた方も多かったのでは?と思います^^
今なら
若い子たちには
”レジェンド”として有名なのかなー?!
さて
本題です^^
今年リリースされたシングル
「流動体について」。
よくお店なんかで流れていて
耳にはしたものの
歌詞はよく聴いていなかったのですが・・・
よく聴いてみると
これって
ニューアースのことでは???!!!と感じました!
※ニューアースについては
こちら

20171004 天界でのお仕事 業務報告 地球の叡智とニューアースの完成♪

20171004 天界でのお仕事 業務報告 地球の叡智とニューアースの完成♪


なんというか
ニューアースを言葉で表すと難しすぎて
ガイドさんに
「なんかそのあたりをうまく表現するものないかなー?」と
投げかけていたのですが・・・
さすがオザケン!天才です!!!
歌詞がそのまんまって
世界観を表すって
すごすぎる!!!!
絶対に私では表現できなかったので
この曲ならわかりやすいかも♪
特にね
「神の手の中にあるのなら その時々にできることは
宇宙の中で良いことを決意するくらい」 

って歌詞が絶品です^^
そう!
ニューアースって
選択した瞬間に出来上がるみたいな世界なの。
だからこそ
気づいた時から
どんどん時間を動かしていくみたいな感じ。

この曲って
改めて聴くと
すっごいスピリチュアルな歌詞なんですねー^^
しかも
世界観を
愛を含めて歌詞で語れるなんて
やっぱり天才です!!!
それにしても
私の頭には
どう転んでも
オザケンとニューアースのつながりなんて
出てこなかった・・・。
ガイドさんも流石♪
そもそも
オザケンはビートニクが好きだったので
そのあたりも
すごく影響されて
独特な世界観があるから
「流動体について」の歌詞みたいな
非現実的なところとマッチするのかも・・・なんて思ったりして。

小沢健二 「流動体について」
作曲:小沢健二
作詞︰小沢健二
羽田沖 街の灯がゆれる 東京に着くことが告げられると
甘美な曲が流れ 僕たちはしばし窓の外を見る
もしも間違いに気がつくことができなかったのなら
平行する世界の僕は どこらへんで暮らしているのかな
広げた地下鉄の地図を 隅まで見てみるけど
神の手の中にあるのなら その時々にできることは
宇宙の中で良いことを決意するくらい
雨上がり高速を降りる 港区の日曜の夜は静か
君の部屋の下通る 映画的詩的に感情が振り子を振る
もしも間違いに気がつくことができなかったのなら
平行する世界の毎日 子供たちも違う子たちか
ほの甘いカルピスの味が 不思議を問いかける
だけど意思は言葉を変え 言葉は都市を変えてゆく
躍動する流動体
数学的 美的に炸裂する蜃気楼
彗星のようにのぼり 起きている君の部屋までも届く
それが夜の芝生の上に舞い降りる時に 深い愛を抱けているか
誓いは消えかけてはないか
ほの甘いカルピスの味が 旅情を問いかける
そして意思は言葉を変え 言葉は都市を変えてゆく
躍動する流動体
文学的 素敵に炸裂する蜃気楼
それが夜の芝生の上に舞い降りる時に 無限の海は広く深く
でもそれほどの怖さはない 人気のない路地に確かな約束が見えるよ
神の手の中にあるのなら その時々にできることは
宇宙の中で良いことを決意するくらいだろう
無限の海は広く深く でもそれほどの怖さはない
宇宙の中で良いことを決意する時に
最高の人生へ導くため
あなたの”運命の輪”を回したいなら
「スピリチュアル・トータルコンサルティング」がおススメです♪

あなたの人生が
喜びと感謝にあふれ
愛と光に包まれ
夢と豊かさが永遠に続きますように・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ