干支それぞれすごく深い意味があるんですね♡

運命の輪を回す
スピリチュアル・トータルコンサルタント
真善美(ますみ)です^^




干支にはなぜ猫がいないのか・・・・?
そして
干支生まれの違いをまとめてみました!

干支の誕生はこんな話に

干支の順番はこんな風にして決まった??!!!

昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。

「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」

動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。
ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。

さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。
牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。

我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。

猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。
それでねずみを恨んで、今でもねずみを追い回すのだそうな。

引用元干支情報サイト

猫のお話のほかに
実は
サルとイヌの話もあり
仲たがいして
犬猿の仲となってしまったので
その仲裁として、トリが間に入ったとのこと・・・。

干支生まれの性格一覧

・子年(ねずみどし)生まれ  →機転がきく、社交的、おせっかい、だまされやすい

・丑年(うしどし)生まれ   →我慢強い、誠実、マイペース、好き嫌いが激しい

・寅年(とらどし)生まれ   →チャレンジ精神旺盛、決断力がある、頑固、わがまま

・卯年(うさぎどし)生まれ  →温厚、上品、気分屋、控えめ

・辰年(たつどし)生まれ   →正義感、信頼、負けず嫌い、短気

・巳年(へびどし)生まれ   →探求心、情熱、プライドが高い、執念深い
 
・午年(うまどし)生まれ   →頭の回転が早い、おしゃれ、自己中心的、せっかち

・未年(ひつじどし)生まれ  →平和主義、人情に厚い、優柔不断、臆病

・申年(さるどし)生まれ   →世渡り上手、器用、落ち着きがない、忍耐力が無い

・酉年(とりどし)生まれ   →親切、几帳面、飽きっぽい、内心を明かさない

・戌年(いぬどし)生まれ   →勤勉、努力家、心配性、ネガティブ

・亥年(いのししどし)生まれ →我慢強い、義理堅い、せっかち、意固地

向干支 逆さ干支 曲がり干支

干支生まれの性格がわかったところで
今度は、相性が知りたいですよね^^

干支を円にした時に
自分の向かい側に来る干支を
「向干支(むかいえと)」「逆さ干支」と呼びます。

この向かい側の干支とは、自分と相性が良いとされていて
作家の泉鏡花は酉(とり)年生まれだったため、
向かい干支にあたる卯(うさぎ)のグッズを集めていたそうです^^

ちなみに
自分の90度の角度にある干支は、
「曲がり干支」と呼ばれ
敵対関係になりやすく、相性が悪いとも言われています。

最高の人生へ導くため
あなたの”運命の輪”を回したいなら
スピリチュアル・トータルコンサルティング」がおススメです♪

あなたの人生が
喜びと感謝にあふれ
愛と光に包まれ
夢と豊かさが永遠に続きますように・・・♡

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに
参加しています。
↓↓↓ご協力のクリック
いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ