朝焼けの空に月が・・・♡

運命の輪を回す
スピリチュアル・トータルコンサルタント
真善美(ますみ)です^^




イスラエル聖地巡礼その1 受胎告知のナザレと奇跡のガリラヤ湖編

イスラエル聖地巡礼その1 受胎告知のナザレと奇跡のガラリヤ湖編

2017年9月のイスラエル巡礼紀行の続きです^^

ガリラヤ湖では
恒例のクルーズ観光をしました^^


木製の古めかしいクルーズ船

木のきしむ音がまた風情を感じます^^
キリストの時代もきっと
こんな風に風に吹かれながら船に乗っていたのでしょう^^

ガリラヤ湖は
キリストが布教を熱心に行った場所であり
奇跡を多く残します。

以下
ヨハネの福音書6章16~21節

16 夕方になって、弟子たちは湖畔に降りて行った。
17 そして、舟に乗り込み、カペナウムのほうへ湖を渡っていた。
すでに暗くなっていたが、イエスはまだ彼らのところに来ておられなかった。
18 湖は吹きまくる強風に荒れ始めた。
19 こうして、四、五キロメートルほどこぎ出したころ、
彼らは、イエスが湖の上を歩いて舟に近づいて来られるのを見て、恐れた。
20 しかし、イエスは彼らに言われた。「わたしだ。恐れることはない。」
21 それで彼らは、イエスを喜んで舟に迎えた。舟はほどなく目的の地に着いた。
以上

そして
ここに登場する船は
ガリラヤ湖畔の
マグダラのマリアの出身地として
特定されているマグダラ村に発掘保管されているのです。

そう
ここは
キリストとマリアが交わる奇跡の場所なんです^^

マリアとキリストの魂を感じ
湖からパワーをいただきました!


湖からみるゴラン高原

向こう側はもうレバノン、シリアとなってしまいますが
ゴラン高原はワイン栽培が盛んなんですよ^^

キリストが自分の血をワインとたとえたように
この国の人にとっては
ワインというものがとても重要な意味を示す飲み物なんですね。

特に
イスラエルで作られるワインは
無農薬
伝統的な作法で作られ
土地を7年に一回休ませるなど
高品質で徹底されています。

海外に輸出するほどの量がないだけに
土地で飲めるワインは
とっても貴重ですね^^

お土産屋さんで試飲して
とってもおいしいので
一本買っちゃいました~♪

ちなみに
イスラエルは
すごく物価が高いので有名です。

空港で500mlの水を買ったらなんと一本300円くらい!
びっくりです!

お土産屋さんなんかも
日本の感覚より割高ですねー。

ここのワインは
一本3000円~1万円くらい。

まあ、日本でちょっといいワインを買った感じでしょうか?


なんと偶然行われていた
結婚披露宴にお邪魔してみました^^

皆さん
楽しそうに歌ったり踊ったりしてましたよ♪

愛のパワーを感じ
ハートが熱くなりました~

ここでも
キリストとマリアからの愛のエネルギーを感じました!

少し
湖畔にある”Kibbutz(キブツ)”という場所を散策することに・・・


どれもわりと広めの庭付きで住みやすそうな物件です♪


もちろんペットOK!このワンちゃんもとってもいい子でした^^


人気とあってこれは新築物件^^


キブツの中に当時のシェルターも残されていました。

キブツというのは
20世紀初頭ロシアの迫害を逃れて
やってきたユダヤ人たちがつくった共同集落。

身分の平等のもと
生産、労力、責任、機会を均等にする集合体で
保育園、学校、住宅があり
なんと老人ホームもあります。

そしてそれらはみんな無料。
キブツに住むみんなの共同所有物になるのです。

実は
今のイスラエルの首相ベグリオンさんもキブツ出身なんです^^

話によると新しい家ができていて
若い人がどんどん暮らし始めているそうで
この日も若い女性がのんびりと庭のテーブルで勉強していました。

ちょうど今はシェアリングビジネスが流行っていますが
日本でも
このキブツみたいに
新しい共同集落ができてもいいかなーなんて思いました。


美しい黄金の朝焼け!

瞑想をして
朝日からパワーをチャージしていると
どうしても長野の諏訪湖を思い出してしましました^^

諏訪湖もまた
諏訪神社が鎮座していて
すごくパワーのある場所です。

そして
ユダヤに所縁のある場所でもあります。

美しい朝焼けの湖を観ていたら
こんな風に
大切なご縁をつないでいただいたこと
感謝していると心が熱くなりました・・・。

最高の人生へ導くため
あなたの”運命の輪”を回したいなら
スピリチュアル・トータルコンサルティング」がおススメです♪

あなたの人生が
喜びと感謝にあふれ
愛と光に包まれ
夢と豊かさが永遠に続きますように・・・♡

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに
参加しています。
↓↓↓ご協力のクリック
いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ