死海はリゾートエリアなんです♡

運命の輪を回す
スピリチュアル・トータルコンサルタント
真善美(ますみ)です^^




イスラエル聖地巡礼その1 受胎告知のナザレと奇跡のガリラヤ湖編

イスラエル聖地巡礼その1 受胎告知のナザレと奇跡のガラリヤ湖編

イスラエル聖地巡礼その2 キリストとマリアの物語ガリラヤ湖編

イスラエル聖地巡礼その2 キリストとマリアの物語ガリラヤ湖編

2017年9月のイスラエル巡礼紀行の続きです^^

クムラン遺跡と死海を巡りました^^

クムランへ行く途中
ヨルダン沿いは
今でも地雷が埋まっている危険地帯で


こんなふうに看板が立っている
荒涼とした場所があります。


もちろん
ヨルダン川の向こうはヨルダンですが
イスラエル側と違い
緑地化され畑が広がってます^^

戦火にさらされた所でも
数年で復元されているようですが
隣国シリアしかりで
イスラエルの現状をみると
切ないけれど
しばらく
この地帯はこんな感じなんでしょうね・・・・。

さて
洗礼者ヨハネからイエスが洗礼を受けた場所
(・・・と言われている)
”カシール・アル・ヤフド”へ足を延ばすことに

福音書によればイエスはヨルダン川でヨハネと会ったとされる。イエスの洗礼の場所とされてきた区域のひとつは、アレンビー渓谷の南、カシール・アル・ヤフドとよばれるヨルダン川の西岸である。現代ではここに正教会の修道院があるが、イスラエル軍の軍事監視区域となっており、一般人の立ち入りが制限されている。だが、イエスにゆかりのあるヨルダン川で洗礼を受けたいという人々が多く集まるため、一部に開放区域が設けられている。同じ区域のヨルダン川東岸も古代よりキリスト教徒たちに尊重されてきた。ヨルダン政府観光局は東岸こそイエスの洗礼の場所であると宣伝しており、実際に東岸の遺跡アル=マグタスはイエスの洗礼の地として2015年に世界遺産リストに登録された。
ウィキペディアより


川の向こうはヨルダン側の洗礼所になっています。

その幅5~10mくらい!
(もちろん川を渡ることはできませんが)
こういう場所があって
まだ人々が行きかうことができることが
すばらしいです!


しかし・・・
銃を持った女性兵士(すごい美女!)が
24時間警備にあたっています。
怖いけれどこれがイスラエルの日常です^^;;

実は・・・
私の過去世に
どうやらエッセネ派だった時代があり
このヨルダンの洗礼所や
クムラン遺跡、死海など

どこもなんだか不思議と
初めて来た感じがせず

観光客をみると
「まあ、寄って行ってよ!」的な想いが溢れてました^^;;
それはそれで正解なんでしょうかね?


洗礼を待つ巡礼者たち
みなさんウキウキはしゃいでました^^

でもね・・・
この水に入るにはちょっと勇気が入りそうですよ^^;;
(当時はもうちょっときれいだったはず汗)


爆撃を受けた正教会
もちろんわざとこのように残しているとのこと。
心から平和を祈りました・・・。


クムラン遺跡に到着!


看板も英語、ヘブライ語、アラビア語です


遺跡へ行く前にこのシアターでいろいろ見させられます^^;


ハリウッド俳優が熱演し
映像にはものすごくお金がかかっています^^;


「死海文書」のレプリカが展示してあります。


「死海文書」は
この洞窟で
1946年にベドウィンの少年が偶然見つけ
20世紀最大の発見とされました。


さらには
ここで旧約聖書の写本などが見つかったことから
こんな感じで本格的な発掘を今でも続けています。

しかしながら
噂ではバチカンが公表させないようにしているとか・・・。

もちろん
ここクムランでも
遺跡の調査の中心は
聖書の写本の発掘です。

クムラン遺跡は
クムラン教団が暮らし修行と鍛錬をし
彼らの予知能力によって書物を書き残したとされています。

彼らの一番重要な予言は
イエスキリストの誕生についてです。

バチカンが公表させないようにしているのは
このためだと思うのです。

メシアが表れたのち
この世がどのようになるのか?

こんな文章もあります。
光の子と闇の子のあいだに
最後の戦いが生じ世界が崩壊する・・・

大切なのは
予言の書。

神の言葉を記したものを
書き記しているはずなのです。

私の過去世でも
ここにいたときのことを思い出すと
世に出ている
死海文書と呼ばれるものは
少なくとも偽物もあり
本当に世に出ているものは
ごく一部だと感じます。

木の葉を隠すなら
森に隠せというように
当たり前ですが
偽物もあります。
ただし
本物は
ちゃんとその時を待って
出てくるように準備してあるので大丈夫^^

死海文書のことは
もうちょっと深く
番外編で触れたいと思うので
詳しくはまたの機会に・・・


死海ビーチはまるでリゾート地^^


死海で浮いてみた~^^♪

ただし
ビーチは
泥を掘って所々穴だらけで
気を付けないと足とられます^^;


画像:Library of Congress
クムランの洞窟から
実は死海を臨めることができるんですね^^

死海からのエネルギーを
存分に感じることができます!

いや~
絶景ですねー!
でも
これって
江の島の岩屋そっくりー!
ここにきてようやく
なぜ私が湘南に住んだのか
なぜ岩屋が好きなのかがわかりました^^;;

ちなみに
”死海”は女神のエネルギーに包まれ
命の源のパワーを秘めています。

最近オークションで話題になった
ダビンチ作
「サルバトール・ムンディ(救世主)」

注目は
彼の左手にある水晶球。
この水晶の秘められた意味は
命の水
そして
高次元へのアクセスです。

左は女性性
水、高次元ということで
”女神”を表しています。

ここでも
聖なる女神が出てきましたね^^
詳しくは
番外編にお書きしますね。

では次回
世界最大の聖地エルサレム編
に続く・・・

最高の人生へ導くため
あなたの”運命の輪”を回したいなら
スピリチュアル・トータルコンサルティング」がおススメです♪

あなたの人生が
喜びと感謝にあふれ
愛と光に包まれ
夢と豊かさが永遠に続きますように・・・♡

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに
参加しています。
↓↓↓ご協力のクリック
いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ