この新月
6月9日という日は本当にいろいろな意味で
分かれ目というか
改革、進化とも取れるし
ある意味でふるい落とされるような状態だったかと思います。
このブログを読まれている方は
きっとこの意味をとらえていらっしゃるかなと思いますので
より前進されているでしょう^^
さて
8日はもうすでに国民的行事?ともいえる
「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙 ~夢は一人じゃ見られない~」の
開票イベントがありましたねー。
ファンの方もそうではない方も
なんとなく話題を目にしたことと思います。
以下引用
今回の1~5位の顔ぶれ……指原莉乃(昨年4位。HKT48チームH)、大島優子(昨年1位。AKB48チームK)、渡辺麻友(昨年2位。AKB48チームA)、柏木由紀(昨年3位。AKB48チームB)、篠田麻里子(昨年5位)は、考えてみると、順番こそ変わったとはいえ昨年と変わらない。
行く篠田、残る高橋。AKB48選抜総選挙上位16位を徹底解析
http://www.excite.co.jp/News/reviewmusic/20130610/E1370796196829.html?_p=2
昨年の違いは
一位の指原莉乃さんの得票数15万以上という快挙。
実は彼女は、スキャンダルを起こしてHKT48へ左遷されたということもあり
けしてアイドル優等生ではないわけです。
なのに、今年一位へ大躍進をとげたのは
もちろん彼女の頑張りやタレントとしての素質の高さや
感性が評価されていたりと
さまざま理由はあると思いますが・・・
一言でいえば
きっと、頑張っているこの子にご褒美をあげたい!
という気持ちなのではないか?と思います。
ヘタレキャラとしての愛され方が
今年は如実に表れたのではないでしょうか?
頑張っている子にご褒美
そして、純粋にちょっとダメな子が愛おしいという意識。
スピリチュアル的にいえば
母性であり
親が思う子に対する愛情とも言えます。
私がこのイベントを取り上げるのも
一番は日本国民30万人以上が注目していることで
無意識の表れがあるということです。
もしかしたら
今年の日本の世相で言えることというのが
このイベントにあるのでは?と思います。
そこでポイントが
母心、親心です。
さらには、みんなで一緒に!という協力性ということ
つまりは女性性です。
マーケティング手法としてある
ストーリーがあって
感動があって
そこに落としどころがあって・・・という部分に
もっとこの子を育てていきたい
自分の手でかわいがりたい
それは一対一ではなく
みんなで一緒に!という
ファンを一丸となったコミュニティーを巻き込むということです。
W杯日本代表のオーストラリア戦で
DJポリスという警官が注目されましたが
彼の話術のうまさは
コミュニティーを巻き込むという手法が見事だったと思います。
一直線上にあったものを
円にして
その上でやり取りすると
向いている方向が全部こちらに向くというか
そんな感じがします。
さて
AKB48のファンは男性が大半化と思いますが
彼らがいわば進化した?といいましょうか
もしくは
6/9の新月のエネルギーである
革命とか改革、進化というキーワードによって
投票したのかもしれませんが
いずれにせよ
世の中は
男性性よりも
女性性が強くなってきており
父性から母性へと進化を遂げているのかもしれません。
戦いの上に勝利者だけが独占する時代がおわり
みんなで一緒に喜びを分かち合おうという時代へと
突入しているのだなーと思います。
指原さんは
「私は孤独じゃないんだ」と喜んでいらしたようですが
その言葉こそ
本当に
今までの日本やもちろん世界の
争いや独占支配という時代への終止符のような気がします。
最後にみなさまへ
神様はずっとあなたのことを見ています。
だれもが
どんな時でもあなたのことを見守っています。
失敗したり
上手くいかなくてどうしようもない時でも
必ず
今までの努力が報われるような
幸せが訪れます。
神様も
あなたのことが大好きです。
愛おしく思っています。
だから、孤独にならないでください。
幸せを願って
ぜひ
ともにこの世界での人生をまっとうし
みんなで幸せになりましょう^^
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ