エナジーカウンセラーの煌さんがご紹介している
神社やお寺の境内や敷地内に美味しいレストランやカフェ
備忘録として^^
個人的に神楽坂の「赤城神社・あかぎカフェ」はとってもおススメです!
転記以下
<京都&奈良の“寺社内レストラン”>
●京都府京都市『閑臥庵・閑臥庵』
「大切な人と行けば対人&金運がアップ!」
京都御所の祈願所として後水尾法王が命名、開山された黄檗(おうばく)宗の禅寺。
寺内で供される京懐石普茶料理は、植物油を巧みに使い、
葛や野菜、豆類をふんだんに盛り込んだ精進料理。
メニューはコースのみで、竹膳¥9,504は煮合わせ、揚げ物、
胡麻豆腐など全10品。ランチコースは¥5,940~。
●京都府長岡京市『長岡天満宮・カフェ マンタル』
「シェフの明るい気が入った料理はポジティブな気持に」
菅原道真公が御祭神の長岡天満宮。
トルコ人のヤスィンさんと妻の敦子さんが切り盛りするトルコ料理のお店は、
境内のブライダルサロン内にあり、ヤスィンさんの人柄が見込まれてオープンへ。
日本人の味覚にも合うトルコ料理は年配のお客さまにも好評。
人気はチキンがやわらかくジューシーな「チキンケバブセット」¥1,500。
●奈良県奈良市『薬師寺・薬師寺門前 AMRIT』
「穏やかな気に満ちていて“心身の健康”を上げます」
世界遺産に登録され、国宝や重要文化財に指定された仏様が多く祀られている薬師寺。
その門前の敷地にあるイタリア料理店は「不老長寿の薬」という意味の「AMRIT」と名付けられ、
地域の人に愛されています。大和野菜をはじめ奈良の食材が中心のメニュー。
ランチの「PranzoB」¥2,600は9種の盛り合わせの前菜、パスタ、パン、デザート、飲み物がセット。
●京都府京都市『安楽寺・椛 momiji』
「イベント開催時にはひらめきエナジーがさらにプラス」
鎌倉時代の初期に建てられ、門前の紅葉の景色やカボチャ供養で有名な安楽寺。
春と秋のお花の時期、アートイベント時などに庭園、本堂、書院を一般公開し、
境内の客殿をカフェとして解放。
伝統的な建築方法で造られた木と土の客殿はハイセンスなインテリアも見ものです。
おすすめは、水菜やみぶ菜を使った特製京やさいじゅうす(甘味付き)¥600。
<神奈川&東京の“寺社内レストラン”>
●神奈川県鎌倉市『浄妙寺・石窯ガーデンテラス』
「石窯前のガーデン席はレジャー運をアップする気がいっぱい」
境内の高台にある洋館のカフェ&レストラン。
石窯で焼くパンが美味しく、鎌倉で取れた新鮮な地野菜や、
ガーデンで育てたハーブをふんだんに使ったランチが人気。
目鯛、帆立、蟹爪をバジリコバターソースでいただく『本日のお魚料理』
(石窯パン、スープ、コーヒーor紅茶付き)¥2,750。
●東京都港区『愛宕神社・T+ティ・プリュス』
「赤ワインの情熱的な色はモテ気をアップ!」
江戸時代に防火の神様として建立された愛宕神社の一角にあるビストロ。
ソムリエ・田崎真也さんが経営し、東京産の食材を中心にしたメニューで人気です。
ランチはコースもあり前菜、メイン(魚または肉)、パン、コーヒーor紅茶がセットで¥1,800。
●神奈川県『報徳二宮神社・Natural Chinese 樹麻』
「仲よくなりたい人を誘って陽の気に満ちた点心を」
小田原出身の二宮尊徳翁を御祭神とし、1894年に創建された報徳二宮神社。
境内の報徳会館にあるレストランでは、本場香港の料理人が作る広東料理が楽しめます。
水餃子、蒸し餃子、小籠包、焼き饅頭、春巻などの点心は一品ずつあつあつの状態で出されます。
ランチはすべてコースメニューで¥1,500~点心5品、食事、デザートなどがセットに。
●東京都港区新橋『烏森神社・ボンシャンス』
「厄落としなら夜の火打ち石の見送りサービスを」
平安時代に創建され、新橋の守り神として地元の方から会社員まで参拝者が絶えない烏森神社。
オーナーが1年前にオープンした参道のレストランは、料理の鉄人・坂井宏行氏のお店出身のスタッフばかり。
一流の味とおもてなしをカジュアルに楽しめるディナーは予約必須です。
和のお皿で提供する「ラム肉のグリル」(骨付き1本)¥950。
●東京都豊島区『金剛院・赤門テラスなゆた』
「心を鎮め人生を真剣に考える場所としてもおすすめ」
500年の歴史を誇る真言宗豊山(ぶざん)派の金剛院。
33代目の住職がオープンしたカフェは、人々がご縁を結ぶ「結縁」の場所となることを目的とし、
イベントなども企画。境内を見ながらランチやスイーツがいただけます。
週替りランチ「本日のお寺ごはん」¥700はごはん、
メイン、惣菜4品がつき栄養バランスが考えられたメニュー。ほうじ茶付き。
●東京都渋谷区『東郷神社・Caf’e-Bar ESPION』
「勝負事があるならば植物の癒しの気を浴びて」
勝利の神様として、海軍大臣・東郷平八郎元帥を御祭神とする東郷神社。
隣接するマンション内にあるカフェは神社が経営しているとは思えないほどスタイリッシュ。
人気は週替りで提供される2つのカレー。
1日限定10食の「アラミルカレー」¥1050は、
東郷平八郎が好んだイギリスのシチューを意識した牛頬肉のビーフカレー。
●東京都新宿区『赤城神社・あかぎカフェ』
「本殿を見ながらお茶すると温かい気で愛情運が満ちてきます」
1300年に創建された赤城神社。
神楽坂在住の建築家・隈研吾氏がデザイン監修し、
スタイリッシュな神社として有名に。神社のすぐ隣にある境内のカフェは、
モーニングからディナーまで幅広く楽しめます。
人気のデザートは「ポテトホットケーキ」¥600。
メイプルバター、カラメルバター、ハチミツシナモンバターからソースが選べます。
転記以上
http://jisin.jp/serial/%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%83%aa%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%88/ryokou_resort/10019
http://jisin.jp/serial/%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/ryokou_resort/10020
http://jisin.jp/serial/%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88/ryokou_resort/10018
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ