「13の月の暦」 の上では
10月18日より
[赤い太陽の月]の年”自己存在の月”1日目です。
この日から28日間
11月14日までは”自己存在の月”となります。
ちなみに
10月18日は
KIN93
赤い月の空歩く者
(Red Lunar Skywalker)
【キンの書】
私は探るために分極化する
用心深さを安定させながら
空間の出力を封印する
挑戦の月の音で
私は生命力の力に導かれる
私は銀河の活性化の正門 私に入りなさい
転記以下
●自己存在の月
「私」の奉仕は、どういう形をとるのだろうか?
人とどう違うかという表面的なことを、個性だと考えていませんか?
宇宙の目的、生命の目的のなかで、何を自分ができるのか?
それを「測る」こと。
宇宙の摂理に目的がかなっていても、顕われる形は様々。
それは、与えられた地球上の環境の中で、形として顕れるもの。
宇宙の目的の中で、自分ができることを測ってみる。
生まれ育った地球上の環境から影響を受け、
まわりのものに影響を与える「行い」を重ねることによって、
自分のできることが形として、顕われてくる。それが「自己存在」。
「行為の基礎を確立する」4つの月。
「磁気の月」で、宇宙の目的を見つめ、
「月の月」で、二元的なエネルギーを醸成し、
「電気の月」で、宇宙のリズムに行いをつなげ、
「自己存在の月」では、宇宙の目的の中で、自分のできることを測ってみよう。
自己存在の月の28日間は、こころのもつ「定義する」という力を生み出す月。
自己存在という、ミクロなところを深く掘り下げるところから、
マクロな、宇宙の目的と結びつくものを形にしていく。
What is the form my service will take?
転記以上
13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」より
http://cosmic-diary-internet.com/whats_cd/meaning/
この”自己存在の月”は13の月の暦の上で四番目の月です。
さて
この「自己存在の月」のテーマは
”私の奉仕はどのような形になるのか?”です。
ちなみにトーテムはフクロウで
働きは”フクロウは形を定義する”です。
キーワード”形”ですが
13の月の暦の中の「ウェイブスペル」では
”私の行為の形は何か?”という部分に入っていきます。
そしてそれは
”形を見出す”というキーワードとなります。
4か月間の
”行為の基礎を確立する”方法へ意識を合わせるのを終えて
次の4か月間の
”行為のリズムを拡張する”方法へ意識を合わせていきます。
※13の月の暦を理解したい方へ・・・
こちらの講座がおススメです^^
「13の月の暦 講座」
https://blog.trinity-in.com/article/257276259.html
<ヒーリングショップ空船> より
13の月の暦「赤い太陽の月の年」の手帳、販売しています。
http://shop.trinity-in.com/ca5/279/p-r-s/
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ