運命の輪を回す
スピリチュアル・トータルコンサルタント
真善美(ますみ)です^^
※「天界でのお仕事」とは・・・
初めてご覧の方はこちらお読み下さい。

「天界でのお仕事」について・・・


8月はまたもや大忙しの天界でした^^;;;
UFOがやってきては(←こちらはリアルのほう)
夜な夜な呼び出され(←こちらはあちらの世界のほう)
88ライオンゲートのおかげで
魂の浄化にかり出されておりました^^;;;
そういえば
私、ヒーラーだった・・・^^;;;
と、毎日ヒーリングのご奉仕三昧でした^^
まあねこの
盂蘭盆の季節は
御霊のお清めをすることが多いのですが
今年は尋常じゃない量の御霊の数々!!!
何かとあちらの世で動きがあり
魂レベルの次元移動が起きているようなのです。
それもそのはず
そちらにいる魂の浄化をして
こっちと
あっちの魂の大移動しないと
パラレルアースが解放できないの。
例えば
1985年8月12日に起きた
日本航空123便墜落事故。
史上最悪の事故となってしまったのだけれど
今年
なぜか同じ日に
同じようなルートを通った飛行機
全日空37便が
大事故を逃れた奇跡の出来事がありました。
この出来事は偶然ではなく
あの事故で
亡くなられた方々の叫びが届いたのだと思うの。
事故を忘れないでほしい
そして
絶対に同じことを繰り返してはいけない・・・と
飛行機を必死に守ってくれたのです。
もしかしたら
このブログをお読みの方に
事故の遺族の方
関係者の方もいるかもしれないので
配慮しながら書きたいのだけれど
配慮が足りないようならごめんなさい。
当時、私が記憶しているのは
家に帰ってきて
祖母と母が山のほうへ飛行機が落ちていくのを見たって言っていたの。
あれはね
私が今お世話している畑に
金色のとうもろこしの穂が風に吹かれた
暑い夏の昼の出来事だった。
実は
パラレルアースでも同じような事件や事故が起きているのね。
そしてすごくクロスオーバーしているところがあるんです。
表側の部分もあれば
裏側の部分もある
ずっと記憶に残さなければいけない事故なのです。
彼らの魂がしっかりと浄化され
パラレルアースが解放されたのだと感じました。
こう言葉にすると
なんだか
すごくきれいごとになってしまったり
そのことで
見る角度によっては
傷ついてしまう方もいるので
やっぱり音楽で感じていただいて
メッセージをお伝えするのが一番なのかな・・・と。
私の大好きな天才!アーティストの一人
キャロル・キングの「つづれ織り」
Carole King ”Tapestry”

※komasafarinaさまの和訳がとてもすばらしかったので
転記させていただきました^^
以下
My life has been a tapestry of rich and royal hue
わたしの人生は豊かで気高い色合いのつづれ織り
An everlasting vision of the everchanging view
つねに変わりゆく眺めの いつまでもつづく未来像
A wondrows woven magic in bits of blue and gold
ブルーとゴールドの不思議な織りの魔法
A tapestry to feel and see,
見ることと感じることのつづれ織り、
Impossible to hold
つかまえておくことの不可能なもの
Once amid the soft silver sadness in the sky
むかし、空にある柔らかな銀色の悲しみの真ん中に
There came a man of fortune,
そこに運命の男がやって来たのです
A drifter passing by
通りすがりの流れ者でした
He wore a torn and tattered cloth around his leathered hide
鞭打たれた素肌に穴だらけの擦り切れたボロをまとって、
And a coat of many colors, yellow-green on either side
両サイドがそれぞれ黄色と緑色の賑やかな色をしたコートを着ていました
He move with some uncertainty,
その男の行動にはどこか曖昧なものがありました、
As if he didn’t know
Just what he was there for,
Or where he ought to go
まるで自分が何のためにその場にいるのか
自分はどこへ行くべきかが
わからないといった様子なのです
Once he reached for something
Golden hanging from a tree
この男は一度、
ある木からぶらさがる黄金色のものに
手を伸ばし
And his hand come down empty
そして何も取らずに
手を下ろしたことがあったのです
Soon within my tapestry
ほどなくして、わたしのつづれ織りの中で
Along the rutted road
轍だらけの道に沿っていくと
He sat down on a river rock
その男が渓流の岩にすわっていました
And turned into a toad
そしてカエルになってしまったのです
It seemed that he had fallen into someone’s wicked spell
何者かの邪悪な呪いにかかってしまったのでしょうか
And I wept to see him suffer,
わたしは苦しむ彼を見て泣きました
Though I didn’t know him well
その人のことはよく知らなかったのに。
As I watched in sorrow, there suddenly appeared
悲しい気持ちで眺めていると、そこに突然現れたのが
A figure gray and ghostly beneath a flowing beard
流れるような顎鬚とは裏腹に、
青白い幽霊のような姿をした人でした
In times of deepest darkness,
これ以上ない暗い時間に、
I’ve seen him dressed in black
わたしは黒を着ている彼を見ました
Now my tapestry’s unravelling;
ここでわたしのつづれ織りの糸がほぐれたのです
He’s come to take me back
彼はわたしを連れ戻しにやって来たのです
He’s came to take me back
彼がわたしを連れ戻しにやって来たのです
Translated into Japanese tonight by komasafarina.訳詞
以上
転記元
http://d.hatena.ne.jp/komasafarina/20050214
最高の人生へ導くため
あなたの”運命の輪”を回したいなら
「スピリチュアル・トータルコンサルティング」がおススメです♪

あなたの人生が
喜びと感謝にあふれ
愛と光に包まれ
夢と豊かさが永遠に続きますように・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ