9月19日、今日は敬老の日です。
そして
13の月の暦では
月の月28日として
赤い太陽の月
ちょうどひと月が終わろうとしています。
キーワードは
意図、脈動させる、実感する
普遍的な水、清める、流れ
となります。
節目としてのこの日。
明日からは彼岸に入ります。
以下転記
「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、
煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、
「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「
悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ
到達することが出来るというものです。
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが
同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を
「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ
行くことが出来ると考えられていたのです。

以上転記終了
日本では
●お仏壇、仏具の掃除
●お墓の掃除
●供花やお供え
など一般的にされますが
この一週間
ご先祖様や幽界、霊界につながりやすいともされます。
今年は
上からのメッセージで
ご先祖様の
ご供養はもちろん
自分自身、家族、家、土地の浄化、浄霊をされると良いようです。
それはつまり
この次元のアセンションが関係しています。
2012年へ向けて
今まさにアセンションしているのですが
9、10月のキーは
二元性、二極性です。
上がるか下がるかとは
つまり
あなたが覚醒し
アセンションするかどうか?
なのです。
それはもちろん
4次元の霊達にとっても同じこと・・・
浄霊とは
魂を揺さぶること
そして、アセンションさせることです。
自らに憑いた霊たちは
実は、自分で成仏できません。
日本では
昔から、浄霊師、霊能力者、陰陽師・・・などが
浄霊してきましたが
この現代においては
高次元エネルギーの光を降ろして
ライトワーカーが受け継いで
やっていくべきだということをメッセージで受け取りました。

そしてこのタイミングにはこちらのヒーリングがオススメです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ