痛ましい事件が起きました。
転記開始
熊本・長洲町の宗教施設で8月、除霊と称していすに縛りつけた女子中学生の顔に水をかけて窒息死させたとして、父親と僧侶が逮捕された。2人はこれまで、この女子中学生に同じような行為を100回以上繰り返していた。
滝のように流れ落ちる水。
「お滝場」と呼ばれる宗教施設で事件は起きた。
除霊と称した滝行で窒息死したのは、熊本市の中学2年生・舞鴫(まいしぎ) ともみさん(13)。
傷害致死の容疑で逮捕されたのは、ともみさんに除霊を行った熊本・長洲町の宗教施設の僧侶・木下和昭容疑者(56)と、ともみさんの父親・舞鴫 淳容疑者(50)の2人。
近所の人は「『痛い、痛い、いやー、いやー』っていう叫び声は聞こえましたけどね」と話した。
地下水をポンプでくみ上げ、およそ2.5メートルの高さから落とすというお滝場。
8月27日午後9時すぎ、木下容疑者と舞鴫容疑者の2人は、ともみさんをいすにベルトやビニールテープで固定するよう縛り上げ、除霊と称し、およそ5分間にわたって顔に水を浴びせたという。
木下容疑者がお経を唱える中、娘のともみさんをいすに押さえつけた舞鴫容疑者。
ともみさんは、心身の病気で2011年3月ごろからこの施設に通い始め、100回以上このような除霊を受けていたという。
木下容疑者の妻は「(ともみさんの)お父さんと主人(木下容疑者)で人工呼吸をやってて。(亡くなったのは)もう残念でたまらないということだけです」と話した。
木下容疑者は、「いすに縛りつけたり、水を浴びせる行為は暴行ではない」と容疑を否認している。
舞鴫容疑者も否認しているが、娘を何とかしたかったという話には涙を流すこともあり、「亡くなったことは申し訳ない」と話しているという。
一方、木下容疑者が属する宗教団体の大本山は、「滝行には除霊の効果はなく、手足を縛るような指導はしていない。木下容疑者については、破門も視野に、今週中に処分を決める」とコメント。
警察は、2人がともみさんの病気を治したいとの思いから、無理やり拘束し、水を浴びせたとみて調べを進めている。
転記終了
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110928-00000456-fnn-soci
除霊行為とありましたが
真相を霊視してみると
このような感じです。
父親はともみさんの病気を受け入れることができず
ともみさんも苦しいと言っていた。
病気は治ることもなく
また病院にいって
良くなることもなかった。
子供の為に
少しでも役に立つことはないか?
さまざまな手段を視野に入れたところ
この僧侶の修行により
病気が治ったとの話を聞いた。
悪霊がついているから
滝行を行えば
除霊できるかもしれない。
わらをもすがる思いで
父は滝行をお願いした。
父は心を鬼にして
娘の行を手伝った。
娘は
その間の様子は
まるで人が変わったように
泣き叫んでいたが
娘は行の後、少し様子がよくなっている気がした。
これは悪霊とのたたかいなのだ。
娘と一緒に戦おうと父は思った。
僧侶から何度か行えば
もっとよくなるといわれた。
しかし
ついには娘のほうが負けたのだと父は思った。
という形です。
状況でいけば
僧侶も父親も暴力行為とわかっていながらしていた
ということでしょう。
ここで一番ポイントは
本当に悪霊がついていたのか?
そして
滝行で本当に除霊ができたのか?
そして
娘の病気は治ることがあったのだろうか?
ということです。
9月は私のところへ大天使ミカエルからメッセージがあり
除霊や浄霊、
光のチューブをつかって
5次元、6次元へ霊を上げるということをしていました。
今回の事件は戒めですね。
除霊や浄霊はいまや
5次元で行うべき行為ではなくなっています。
このあたり
アセンションの流れで行わないと
ほんとうに事故になってしまします。
つまり
光のチューブを5次元でつなげると
ディセンションしている霊たちに
邪魔されます。
除霊行為といって
100回の滝行で除霊できないなら
その方法が間違っているということです。
少なくとも
プロなら一回やって気づくのですが
いえ、
常識で考えても
わかりそうなのですが・・・^^;
では
悪霊はいたのか?ですが
はい。居ました。
が答えです。
娘についていたのか?
というところは
実のところ、疑問です。
では
なぜ、居たのか?ですが
答えは簡単で
僧侶にもともとついていたか
滝行を行ったとき
道場に残っていた霊が
どんどん溜まっていって
悪霊軍団を作り
娘を死なせるというところまで
父親と僧侶を
追い詰めていったということです。
「ライト~エクソシストの真実~」でも
語られていましたが
悪霊はつまりいないかのように見せかけます。
きちんとした方法で
きちんと行の後の浄化や
道場の浄化をしていたか?ということも
いえますが
僧侶がハマったのは
スピリチュアルエゴ
この娘さんをどうにかして救いたいという思いです。
そして
父親は
どうにか娘を救いたい
今の娘は違うから元の娘に戻ってほしいという
思春期の娘に対する拒絶です。
あと、娘に対しやるせない思いや怒りをもっていたため
行をすることで
父親自身もすっきりしたのでしょう・・・。
どちらにしても
追い詰めていったのはまぎれもなく自分自身です。
娘の病気は治ったのだろうか?ということですが
これはわかりません。
治るも治らないも
何をすれば良くなるということでいったら
滝行も一つの手段であり方法です。
もしかしたら
違う手段があって
違う治療法があったかもしれません。
でも
宗教の力の怖さと強さでいうと
僧侶も父親も見えなくなっていたのでしょうね。
何かしらのメッセージがあったはずなのに
もう行き場のないところまで
自分自身を追い詰めてしまったのでしょう。
僧侶も父親も
罪を背負い
そして
真実に目を向けていければ
亡くなられたともみさんもきっと
成仏されることと思います。
私にとって
スピリチュアル業界にとっても戒めとなるような事件。
今後このような事件のないように願いたいです。
亡くなられたともみさんに
心よりご冥福をお祈りしております。
ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ