コールマン博士によると、
最終日の2011年10月28日で人の意識進化が完結し、
10月29日以降になると、人の意識が100%目覚める状態なるという。
そのタイミングで
国連人口基金は同日、世界の人口が70億人になったことを発表。
これを受けて国連人口基金東京事務所は同日に出生した赤ちゃん全員に
「70億人目の新生児の1人」とする認定証を、申請があれば発行するという。
つまり、
この70億人目の赤ちゃんたちは
すでに目覚めた状態で生まれてきているということになります。
コルマンインデックスでは
10月28日に破滅的な事態があり
世界の再生を行っていくというらしいけれど
このあたり
「エバンゲリオン」とリンクしますね。
70億人目の赤ちゃんたちの中には
”フォース(第4)チルドレン”がいるのではないだろうか?
世界的な危機を救うため
その能力が発達した子供たちが生まれてきていて
この世界を変えていくということになるのではないだろうか?
いきなり認定証という話が出てくるのも
つまり、
赤ちゃんを調べるにあたり
さし障りのないこじつけが必要なのでしょう。
危機的状況が
金融経済の破綻から始まり
大規模な自然災害、
闇の勢力が操る
地球外生命体の攻撃などが考えられます。
ちなみに
28日前後にはUFOがやたらと飛んでいたので
地球を監視していて攻撃を阻止していたのだろうか。
いずれにしても
水面下でさまざまな変化がこの28日前後に起きているということになります。
そういえば
スカイツリーのマスコミ関係者へのお披露目も
29日あたりでしたね!
ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ