2012年5月5日5時
日本に記念すべき瞬間が訪れます。
関東近辺では
ほぼ三日三晩、雨が降り注ぎ、大地を清め
天空では落雷が鳴り響きました。
5月1日のベルテーンの儀式をした時
実は、3日間浄化のエネルギーを
保持することをさせていただいたのです。
昨日、4日は東京には虹がかかったようで
レインボーカップルレイのエネルギーも高まっています。
さて
5月5日は
あの雨が嘘のように晴れあがり
記念すべき瞬間がやってきます。
それは
42年ぶりに日本の
「原子力発電所の稼働が止まる」という瞬間です。
「原子力」・・・
たくさんの方が関わり
そして、たくさんのお金が流れ込み
日本の経済を支えたことは紛れもありません。
新しくクリーンで夢のような電力。
40年後、まさかそのことが覆されるようなことになるとは
誰もが想像し得なかったでしょう。
福島第1原発事故から一年。
私たちは
未だに事故が収束しないという不安の中で
危険を感じながら生活しています。
そして、その安全性、問題性を
問われています。
しかし、今では
だれも口に出すこともないのでしょうが
宮城県牡鹿郡女川町と石巻市にまたがる東北電力の原子力発電所
「女川原子力発電所」は安全に自動停止したのです。
そう
”安全に”停止をしたのです。
なぜ、福島第1原発は事故を起こし
女川原発は安全に停止したのか?
事故が起きた原発
安全に停止した原発
夢のようなエネルギーというものは
もしかしたら、
私たち人間が思い描いただけで
本当のところは
そのような物はないのではないでしょうか?
原始時代
人は火を使い始めました。
そして、刈りの道具をつくり
そのうち、農作を始めました。
神のみが扱える”火”を使い始めた時
神はどのように思ったのでしょうか?
おそらく
いつかはその火を使い過ちを犯すであろう
そして
罪と罰を受ける人間も現れるだろう。
しかし
そのうち、知恵を使い
火を正しく安全に使えるように工夫し
火についてもっと理解できるようになるであろう
そして、
もっともっと、暮らしを豊かにするであろうと・・・
火で火傷を負う人
火事で亡くなる人は年間どのくらいになるでしょう。
これからの未来
どんなに安全に工夫しようとも
完全に事故が無くなることはもしかしたらないのかもしれませんね。
原子力はもちろん、
火とは違いますが
使い方を間違えず、正しく扱うことで
私たちの暮らしを支えたエネルギーということには
変わりはないのです。
もし、仮に
神がわざと人間に原子力を渡したとしたら
どう思いますか?
夢のようなエネルギー
経済を支え、日本は成長を遂げました。
そして、この瞬間に
大きな事故を起こし
安全性のために全ての原発がストップします。
さあ、
日本に暮らす私たちは何を考え
そして、何を選択すればよいのでしょうか?
この瞬間に
訪れた”変化”を受けいれてください。
一年先の未来すらも
見えない、もしくは見ようとしてこなかったことについて考え、
そして、あなたがあなたの意思で”選択”してください。
祈りとは
ただ、心を開くことです。
ぜひ、この瞬間に祈りましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ