万城目学さんの小説と原作のドラマや映画をご存知ですか?
独特な個性のある登場人物に
歴史ミステリーと
現代的なタッチのファンタスティックコメディー
エンターテイメント作品で
とても人気ある作家さんです。
「鹿男あをによし」では
“神々の使い”である動物たちと、
ある儀式により”神に選ばれし普通の人間たち”が、
古の都に隣接する学校を舞台に繰り広げる歴史ロマンで
つまり
とっても簡単にいえば(ネタバレですが)
鹿に選ばれた「鹿男」がオオナマズを起こさないよう
遣いに出て、日本を救うというお話です。
そして
「プリンセストヨトミ」では
東京から来た会計検査院の三人の調査官と、
大阪の商店街を舞台に謎の財団法人OJOを暴き
大阪国の正体を掴むという話。
単なる偶然か否か
鹿男ーでは地震がキーワードになり
プリンセスーでは大阪が舞台になっています。
去年の震災といい
そして、大阪の橋本市長の大阪都構想といい
なんだかまるで未来を見据えた物語です。
作家さんというのは
才能あるお仕事なので
チャネリングしながら書かれている
なんていう方も中にいらっしゃいますが
万城目学さんのどうなのでしょうか?
もしかしたら・・・?!
ちなみに
鹿男ーを友人に勧められ
DVDでドラマを見た後
たまたま神社でおみくじで引いたら
「勾玉」が入っていて驚きました。
鹿の遣い、「鹿男」に選ばれるとき
”勾玉”がその”しるし”なのです。
その時は笑って済ませてしまいましたが
一年後
震災前日、私は伊勢神宮に行き
お札を一式購入し
震災当日は名古屋でお札をテーブルに並べ祈りながら夜を明かし
そして、翌日、熱田神宮へ行き平和の祈りをしました。
私が遣いなのかは真相はわかりませんが
単なる偶然でもちょっと出来すぎた不思議な出来事です。
さて
大阪というと
最近吉本芸人の母親が生活保護を不正受給していた報道や
少し前に、島田紳助さんの突然の芸能界引退など
話題になっていましたね。
謎の団体、OJOというのも
誰もが知っている”吉本”のことで
大きな事件を起こしたことを話題にして
圧力をかけているのかもしれないですよね。
実は
京都出身の島田紳助さんが京都の首相だとしたら?
大阪国は・・・?
以前、島田さんがTVで「京都に都を戻しましょう」
なんておっしゃっていましたが実はその計画があるのでしょうか?
天皇も今は実は京都御所にいらっしゃって
団体組織も京都府に移しているともいわれていますが・・・・。
深読みするととても面白いですが
もちろん、真相はさだかではありません。
ただ、
いずれにせよ
大阪がこれからはもっと大きな役割を担う地域であることは
間違いないでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ