大津市で昨年10月、
いじめを受けた市立中学2年の男子生徒が
飛び降り自殺した事件がありましたが
ちょっと視点を変えて
スピリチュアルに考えてみました。
いじめというのは本当に難しい問題だと思います。
いじめられた側もいじめた側も何かしらの原因があります。
過去世でのカルマの関係であったり
現世での自分の学びのための困難であったり、障害であったり
いろんなメッセージを含めているので
とても一つで片づけるようなものではありません。
デリケートな問題ですが
一つのとらえ方として
ここで
亡くなられた男子生徒といじめていた生徒の関係を霊視してみます。
すると
思いのほか、複雑な関係が視えてきました。
亡くなられた男子生徒は
実は、今、いじめていた生徒たちを見守っているのです。
彼は、天使の姿になっていて、彼らを見守りたいといっています。
なぜ、彼がいじめを受けていたのかというと
彼らのために自分がいじめを受ける役目をしていたというのです。
いじめていた生徒たちの中で
一番のリーダー役の子がいるのですが
彼は亡くなった生徒と以前は仲が良かったようです。
それがなぜこのような結果になってしまったのかというと
彼の複雑な心境の変化があるようです。
それは、プレッシャーだったり、ストレスだったり
親からの圧力、学校での彼の立場や見られ方にも原因があるようです。
いじめたいからいじめていたというより
大きな意味で言えば
被害者であり加害者である立場のようです。
霊界の仕組みから言うと一般的に
自殺といのはご法度で、
学べる環境を自ら断ってしまったので
成仏できないといわれています。
事故や無念な亡くなりかたをされたかたも
やはり同じような感じです。
そのような霊は浮遊霊となり、
同じような波長をもった人に憑いて暮らすわけです。
霊能者のような解ってくれる人がいれば、
話をしてすっきりして天国に行かれる方もいらっしゃいます。
では、
亡くなった生徒が天使のような姿となって
いじめていた生徒を見守っているというのはなぜでしょう。
亡くなった生徒は
広い意味でいうと
いじめが原因で亡くなったわけではないようです。
次のステップとして死をとらえていたようなのです。
そして、亡くなった時に
この世の果たせなかった学びを
向こうの世界でする約束として
彼らを見守ることにしたようです。
怨むことよりも、彼らの人生に影響すること・・・
それは、”いじめ”から自殺に追いやった人間として
世間から見られることについてや
一生忘れることができないほどの出来事として刻まれる深い傷です。
もし
”いじめ”が起きる前に
真剣に話を聞いてくれる人がいたら
悩みを相談してアドバイスしてくれる人がいたら
人を許し、愛し、感謝できるように
いろんな面から自分や人を見ることができたでしょう。
”いじめ”にあっていて
逃げられない、どうすればいいかわからないと
もがいている人は本当はとっても強くて
逆にいじめている側の人のほうが弱く、
逃げることもできず、苦しんでいることが多いこともあります。
”いじめ”というのはよくないけれど
それが一つのシグナルで
その状況から学ぶことができたら
きっと今後の人生はすごく前向きに
自分も人も幸せになる絶好のチャンスだと思ってください。
”いじめ”から卒業することができたら
きっと、すごくたくさん楽しいことや幸せなことに出会えます。
そして
自殺というのは死の一つのあり方だけれど
この世でしかできないことといのはたくさんあって
自分が思っているよりも
この世界はすごく広いということ。
今、自分の居場所や自分を認めてくれる人がいなくても
どこかに自分を認めてくれる人がいたり
どこかで自分のことをほめてくれる人がいるかもしれません。
ぜひ命を絶つ前に
探すことにチャレンジしてください。
死んでしまった方がいい人なんて
どこにもいないのです。
生きたいけれど生きられない人に会ってみてください。
代わりにその人の分まで
死ぬまで生きてください。
その人がやりたいと思ったことに
チャレンジしてみてください。
まっすぐに生きてダメだったら
ちょっと横にそれてみてください。
今、苦しくても
きっといつか楽しいことや
幸せだと思うことが必ずあります。
死ぬまでに読みたい本100選とか
死ぬまでに食べたい料理50選などありますが
何にもやる気が出なかったら
ぜひ試してみてください。
どこかにすごい人がいて
自分がこんな風に生きてみたい
こんな人になってみたいという人もいるかもしれません。
どこかにすごくおいしい料理あって
もっとたくさん食べてみたいというものがあるかもしれません。
世の中はびっくりするくらい
驚くくらい不思議です。
貪欲に生きても
無欲で生きても神さまは咎めなどしないのです。
人間には自由意志がありますから
あなたの好きなように生きていいのです。
人生のなかで生きている実感をぜひ味わってください。
身を焦がすようなれないもあるかもしれないし
とてつもない感動にしびれることもあるかもしれません。
あなたにしかできないことを
この世でやってみてください。
いじめや自殺というのは
生きるチャンスです。
人よりもすごい体験や経験をして
それを乗り越えることができる人だと思ってください。
生きていてよかったと思えることがあれば
きっと、いろんな問題も乗り越えられます。
幸せになることができるのです。
あきらめないで頑張ってください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ