転機以下
次元とは「ある事象(もの、こと、状態)を説明するのに必要な要素」の事を示します。
たとえば「Aさんがどこに住んでいるか?」について説明するとしましょう。
ここでAさんはニュータウンに住んでいる人で、「B棟の4階の5号室」に住んでいるとします。
この時、(B棟、4階、5号室)という3つの説明(要素)で説明できたので、Aさんの住んでいるところは「三次元」ということができます。
さらに、これに「Tニュータウンに住んでいる」という事を加えれば、(Tニュータウン、B棟、4階、5号室)となり、「四次元」ということになります。
おまけで(日本、Tニュータウン、B棟、4階、5号室)も可能で、これだと五次元ですね。
え?と思うかと思いますが、これが「次元」です。
ただ、一般的には次元とは空間を意味します。さて、いろんな次元の人にどこにいるか問いかけて見ましょう!!
0次元空間 点<動けません。きっと目の前にでもいるのでしょう。説明0でOKなのですから>

↓点がいっぱいあつまって・・・

1次元空間 線<直線的な動きしか出来ません。電車とか。「どこだー?」→「(C駅)です」>

↓線がいっぱいあつまって・・・

2次元空間 面<地面の上を自由に動けます。将棋の飛車とかね。「どこ?」→(5、二)>

↓面がいっぱいあつまって・・・

3次元空間 立体<空を自由に飛べます。ハイ!タケ○プター!「どこですかー?」→「ただいま(北緯40度、東経140度、高さ2000m)です!」>

↓立体に動きがくわわって・・・

四次元時空 現実世界(とでもいっておきましょうか)<空間を無限に連ねた…動画みたいなもんですかね。「今どこ?」→「タイムマシーンで(紀元前2万年、北緯40度、東経140度、高さ2000m)に来てます。」

↓四次元時空を重ねて・・・

・・・とやれば5次元を作成可能なはずですが、筆者は現実的なものを思いつきません。
なので、ここはSFに頼って「異世界」なるものを想像します。「鏡の国」とか「裏宇宙」とか「超空間」とか「パラレルワールド」とかなんでもいいです。
で、「今、いったいどこにいるんですか!?」→「それが、タイムマシーンの故障で(裏宇宙)に飛ばされちゃって、そこの(2005年)
の(北緯30度、東経140度、高さ100m)にいるから迎えに来て~」
「了解!(裏宇宙、2005年、北緯30度、東経140度、高さ100m)だね。今すぐ行くよー!」
という具合です。
最後に、ちょっとここのページのコメントを参考にしましたことを書いておきます。
ちなみに私を説明するには5次元では足り無すぎる事を補足して置きます。
私は少なくとも8次元人(人間、男、身長175cm、体重68kg、学生、??歳、日本、東京)であり、質問者さんも20次元人くらいは簡単になれるわけです。
転機以上
五次元世界とは
空間と時間と波動の世界
X,Y,Z,T,w
http://www4.ocn.ne.jp/~yadaya/5D.htm
多次元については
さらにエネルギーという概念が出てくる
http://www4.ocn.ne.jp/~yadaya/world.html
多次元世界の図
パラレルについても示されているので
こちらがわかりやすい
http://www4.ocn.ne.jp/~yadaya/worldi.htm
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ