本日衆院選が行われ
夜には投開票が始まります。
ちなみに本日は
202キン
白い共振の風です。
スピリットがチャネルを起こすという
キーワードにつながります。
このタイミングに衆院選があるということは
日本の枠組みを決める新たなる時です。
その前に・・・・
スピリチュアル的にみて
この日本が保持しているエネルギーは
実はお金に関するエネルギーなのです。
つまり経済的、金融に関することです。
なぜ
お金に関するエネルギーと
日本という国が関係しているかというと
お金には
愛と光とそして力というものが大きくかかわっています。
力というものは
愛と
光のどちらも満たされていなければ
大きく動くことはありません。
日本の通貨は
円です。
この円は
つまり縁ということです。
日本は昔から
縁を大切にしてきました。
お金についても
巡り巡って自分のところへやってきて
また手放されても
縁を巡ってやってくるという考えがあります。
お金は単なるものではなく
愛と光
大切な縁をいただいて
そして輝いているということなのです。
他の国を見ても
そのような意味合いでお金をとらえることはありませんね^^
かつて日本は
黄金の国ジパングといわれていました。
金銀、豊富な資源がこの小さな島国に眠っていて
近隣諸国からも
豊かな国とみられていました。
それは単に
豊富な資源というより
日本人の豊かな心がそう見られていたのかもしれませんね。
話は戻って
お金に関係していると私は言いましたが
それをうかがわせる出来事が
2012年10月にありました。
このとき
国際通貨基金・世界銀行年次総会が開催しました。
1964年以来2度目、
また2012年は日本がIMF・世銀に加盟して60年目の節目にあたります。
このタイミングに開催されたのは
偶然ではありません。
この10月が起点となって
新たな動きを決めることになったはずです。
それは
この日本で行わなければなりません。
ユーロ危機により
欧州経済は危機に瀕し
新たなステップが必要です。
来年、ユーロ紙幣が刷新される予定です。
この日本
そして世界全体が動いていきます。
アメリカでは新しい紙幣を出す準備があります。
私は今年の5月を予想しましたが外れました。
しかし
もう刷られているはずです。
「アメロ」という新しい紙幣を作ると噂はありますが
オバマ大統領の再選があった時点で
まだ先となったようです。
世界の中でお金が動き
経済的なエネルギーを握るのは
日本なのです。
この長い不況の中で
日本がどのように新しい発展をしていくのか?
このブログでは何度も戦争の危機ということをいいました。
日本が大切な局面を迎えても
なくてはならないことなのです。
この日本のもっている力
エネルギーというものは
母性としても語られます。
地球のという母親の
聖なる母性というエネルギーとして
どんなことがあっても
力強く耐え忍び
立ち上がることにつながります。
ちょうどヤマトナデシコという言葉がありますが
そのままが
日本のエネルギーです。
優しく
穏やかで
美しく
凛とし
芯の通った女神エネルギー。
富士山の女神
コノハナサクヤヒメがそのままぴったりですね^^
日本という国は
これからも無くなりません。
さらに
また新しい時代の当事者として
再び羽ばたくでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ