「ホピ族の予言、第九の御しるし」

ホピ族の予言、第九の御しるし


にて以前お伝えしたことのある
「青き星」が出現するかもしれないという話が浮上しました。
以下
転記開始
ついに太陽が2つに?赤い巨星 「ベテルギウス」 が謎の膨張、超新星爆発の兆候か?
5ca8967d.jpg
2011年、NASAは、オリオン座の1等星「ベテルギウス」が超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されたと発表したが、最近になって北海道、北見工大の三浦則明教授らが、「なゆた望遠鏡」を使い、特殊な方法で観測したところ、30~40年前より直径が2~3倍にふくらんでいる可能性があることがわかったそうだ。
 また、ハワイのマウナケア天文台の内部情報によれば、ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっていることがわかったという。これは、数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候であるという。
 近いうちにいよいよベテルギウスの爆発が起きる可能性が高まってきた。
北見工大の三浦則明教授らは、兵庫県佐用町の西はりま天文台にある「なゆた望遠鏡」を使い、年老いた星の表面に増える酸化チタンを見ることができる特殊な方法で観測した。地球の大気のゆらぎを、特殊な統計処理で取り除き、高い解像度でベテルギウスを撮影することに成功。その結果ベテルギウスの形は楕円形にゆがみ、1970~80年の記録と比べると、直径が2~3倍になっていたという。
337538d4.jpg
赤い巨星ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっている。極と極とは急速に圧縮され、赤道は遠心力のためかろうじて維持されている。数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候である。
 ベテルギウスが爆発するとどうなるのか?
 地球から見ると、爆発により温度が急上昇するためその色は赤から青に変化し、どの星よりも明るく輝く。その明るさは満月のおよそ100倍とも言われており、もしかしたら太陽と同程度になるとも言われている。
 空に太陽が2つあるように見えるかもしれない。そしてその状態は約6週間から3か月続くと予想され、地球の一部区画に「白夜」が訪れることになるだろうとされている。ちなみに 地球人が最後にこのような天体ショーを目撃したのは1054年のことだそうだ。via:ruvr ・asahi
地球から見た爆発イメージ映像

以上
転記終了
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52141101.html
「ホピ族の予言、第九の御しるし」

ホピ族の予言、第九の御しるし


ではこのようにも述べました。
冬の夜空で赤く輝くオリオン座の1等星「ベテルギウス」
この第九の”御しるし-予兆”に登場する『青き星カチーナ』が
ベテルギウスの超新星爆発を想像させるのだが
ベテルギウスは近いうちに超新星爆発をする予定で
超新星爆発が起こると「シリウス」のようになり
さらには満月の1000倍という明るさにまでなるという。
強烈なガンマ線が放出され、
半径5光年以内の星の生命体は全滅し、
50光年以内の生命体も壊滅的な被害を受ける。
太陽のような明るさの昼間が二週間ほど続くとか
太陽が二つあるような状態が3カ月ほど続くという説もある。
いずれにしても
ベテルギウスの超新星爆発が起きれば
何かしらの環境の変化が生まれるはずです。
目に見える世界以上に
この宇宙全体
もちろん
この地球にとっても大変重要な出来事です。
昨日、ちょうどチャネリングメッセージを受け取って
地球にとって大変重要な関係になる惑星や恒星について
書き出していたのですが
火星のカルマゆえに滅んだ「マルデク」と
同じように
オリオンのカルマのために
「ベテルギウス」が
マルデクと同じような運命を送るかもしれないというのです。
13の月の暦の創始者
ホゼさんは
マルデクという惑星は
火星はいわば性のカルマをになっていて
男性性の誤用によって滅びてしまったということをおっしゃっていました。
ちょうど、火星の周りには小惑星という
粉々になった小さな星たちが浮かんでいます。
オリオンについては
よく爬虫類系宇宙人のことをとりあげられるのですが
私の受け取っているメッセージでは
水、龍、蛇と
出雲系に深い関係があるので
そのエネルギーの一般的な部分は
女性性なのではないか?と思われます。
ただ
その姿は人間から見たら
もしかしたら大変恐ろしい大蛇であったり
トカゲのような姿であったりするかもしれませんが
何かの所以により
見た目が悪くなっただけで(?)
もしかしたら心の清さ、美しさというものが
あったのではないだろうかと思えてなりません。
長年、このスピリチュアルなお仕事をしていると
天使と悪魔の境界線というのはなく
どちらでもないということに気が付きます。
人間と同じ
心が光にあふれ、無条件の愛に目覚めれば
良心というものが産まれ
逆に
心が荒んで、恨みや妬みであふれれば
暗いネガティブな心になっていきます。
爬虫類系宇宙人も
光の側面でみると
美しい人魚であったり
闇の側面からみたら
恐ろしい大蛇かもしれません。
それとも
もしかしたら
全く別の分類かもしれませんが・・・^^;
そのあたりは
わかりしだい
また別の機会にお書きいたします。
話は変わり
レムリアの復活のことを書きましたが
オリオンはもちろん
レムリアともかかわりがあると感じます。
出雲というのは
あの世、闇の世、黄泉の国という部分と繋がっています。
伊勢は太陽神を
そして
出雲はオリオンを祀っているのでは?と感じます。
エジプトにあるピラミッドは
太陽信仰
その反対に
オリオン信仰というものがあったそうです。
オリオンはいずれにせよ
そのパワーを崇めることで
子孫繁栄を導くことが出来たようです。
そのあたりも
別途
また詳しくお書きしますね。
ベテルギウスの超新星爆発ためにも
今あることに感謝し
宇宙へ祈りを届けたいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ