パキスタン南西部で
9月24日にM7.7の地震がありました。
現在、犠牲者は300名を超えているようです。
亡くなられた方々へ
心よりご冥福をお祈りするとともに
より速い救急活動
より早い復旧を祈るばかりです。
さて
この地震とともに
注目を集めていることがあります。
バルチスタン州アワラン地区の海上付近に
高さ10m長さ100mほどの小さな島が現れたというのです。
ちょうど
このような記事を書いたばかりで
「龍神による大禊、レムリアの復活、青人と子供達と日本と」

龍神による大禊、レムリアの復活、青人と子供達と日本と


レムリアの復活のことを
メッセージとして受け取っていたので
このような自然現象に驚くばかりです。
この地震が
ちょうど9/23という秋分の日が過ぎたときに起きたこと
そして
インドの隣のパキスタンにて
この島が現れたことを考えると
レムリアによるエネルギー
天界からのメッセージ
パフォーマンスのように思えてなりません。
これからレムリアが復活する
それは実際にこの現実に起きることなのだと・・・。
実は1945年の地震の際にも
同地域に出現し、しばらくして消えた。とのこと
島が現れることが何かしらのメッセージだとしたら
この年は第二次世界大戦が終戦を迎えたときなので
もしかしたら
世界の愛と平和のために
現れたのかもしれませんね。
それは
古代レムリアの民が願っていた思いです。
目に見えない姿でも
ずっと見守っているのです。
そして
今いる子供達
さらに
これから来る子供たちが
素晴らしいパワーにあふれ
世界がもっとさらに
幸せになる日くるのでしょう。
まずは
被災されたパキスタンの方々の
日々の暮らしに新たな平和が訪れますように
そして
世界の人々の暮らしにも
ますますの幸せが訪れますように
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ