ライフコーチあまみ悠さんのブログから転記です。
http://ameblo.jp/lifecoach/entry-11770911105.html
以下
HSPと呼ばれる人々は
アメリカでは
15~20%存在しているといいます。

HSPは
Hyper Sensitive Personの略であり

「匂いや音、一緒にいる人の気分など、
 周囲の微妙な変化を普通の人よりも
 敏感に感じ取る能力に恵まれ、
 創造性にも優れている」

いわゆる内向性の強い、感受性の強い
豊かな内面世界を持つ人です。

HSPは
アメリカの心理学者エレイン・N.
アーロン博士が提唱した新しい概念であり

内向性の高い日本では
もっとその比重が多いように思えます。

強く自己主張することが勝つための
必須能力になる世の中で
この敏感さは欠点として見られる
かもしれませんが、
この世の中に必要なことかも知れません。

この概念は友人から教わったのですが
その友人もHSPであり
繊細で折れやすい人です。

でも、愛情深く、誠実で
なにより、変わらない友情を
ずっと捧げてくれる、

私にとって大切な人です。

内向性が高い人はおのずと
人間関係が【深く・狭く】
なりがちですが

彼女といると、それこそが
魅力なんだと思います。

私も基本、HSP傾向があると
このテストをして分かりました。

こちらでテストできます。

HSPの本にも書いてありましたが、
HSPの中には無条件で愛された経験が
乏しかったり、違和感に劣等感を覚える場合、

繊細なだけにダメージが大きくなり、
自分に自信がもてなかったり、
恐怖感に圧倒されて行動できなく
なることがあるそうです。

人にとって最重要なのは
自分を信じられること。

行動も
変化も
挑戦も
すべてはそこが土台になります。

自信を増やすためには
まず存在を受け入れられる経験と
良いところを認めてもらう一定量の
経験があったほうがいいのです。

誰もが、自分を否定することなく
素質を活かして
生きていける社会になったら
いいですね。
以上
繊細なお子様のためには
こちらのテストをされてみてくださいね。
http://homepage3.nifty.com/hspjapanese-k/newpage9.html
ちなみに私は18でした・・・!
自分の敏感さに気が付くと
内面にある豊かな感情もまた愛おしくなりますね^^
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ