「13の月の暦」 の上では
今日4月4日よりより
[黄色い銀河の種]の年”惑星の月”1日目です。
この日から28日間
5月2日までは”惑星の月”となります。
ちなみに
本日は
KIN156
黄色い宇宙の戦士
【キンの書】
KIN156
私は問うために持ちこたえる
大胆さを越えながら
存在の宇宙の音で
私は知性の出力をシールする
私は普遍的な火の力に導かれる
転記以下
●惑星の月
どのように完成させるのか?
「表明」(マニフェスタシオン)から、「創造」(プロデュース)へ
「始めに言葉ありき。」
太陽の脈動を感じ、それを地上の言葉として表明すれば、
その宇宙の目的にそった「思い」は実現する。
心の世界を地球上に生み出すために、銀河の中心の目的。
最初にその「思い」があり、その地球でのビジョンをはっきり見つめ、
言葉にして表明すること。
それがプロデュース「創造」の第一歩。
表明すること。
その「表明」が宇宙の摂理にかなっている時、その「表明」が完全なものとなり、
宇宙の創造として生み出される。
「マニフェスタシオン」は、現われ、顕現でもある。
惑星の月の28日間に、身につけて欲しいのは、
この地上に宇宙の目的を成就することによって、
地球という惑星で、生きる意味を見いだすこと。
その方法として、太陽の意思を感じ、
「表明(マニフェスタシオン)から、創造へ」という
宇宙の法則を知ってほしい。
How do I perfect what I do?
転記以上
13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」より
http://cosmic-diary-internet.com/whats_cd/meaning/
さて
この”惑星の月”は13の月の暦の上で10番目の月です。
ついに、[黄色い銀河の種]の年もあとわずか三ヶ月で終わりです!
この「惑星の月」のテーマは
”私たちのすることをどのように仕上げるのか?”です。
ちなみに「惑星の月」のトーテムは犬で
働きは”犬は現れを仕上げる”です。
キーワード”現れ”ですが
13の月の暦の中の「ウェイブスペル」では
この惑星の月から”行為と挑戦が出会い、挑戦を現す”という部分に入っていきます。
今までの行いが何かの形となって現れてきたのなら
次のステップである
あなたの挑戦とは何でしょうか?
新しいものを受け取るためには
古いものを開放する必要があります。
挑戦とは
心と頭という二つの感覚を使うことです。
まず
心と頭のバランスを整えてみて下さい。
そして
挑戦とは
次に新しいものを受け取る必要があります。
新しいものを受け取るためには
古いものを開放する必要があります。
ぜひこの惑星の月に
じっくりと取り組んでみてくださいね!
※13の月の暦を理解したい方へ・・・
こちらの講座がおススメです^^
「13の月の暦 講座」
https://blog.trinity-in.com/article/257276259.html
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ