昨日、集団的自衛権の解釈変更の容認を求める報告書を提出。
これにより、首相記者会見が行われました。
ちなみにまとめるとこちらのようになります。
転記以下
集団的自衛権:解釈変更容認指示 首相記者会見のポイント
安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)は15日、
集団的自衛権の行使を憲法解釈を変更して容認するよう求める報告書を提出した。
首相はこの後の記者会見で「これまでの憲法解釈で十分か検討が必要」と解釈変更に意欲を表明した。
安倍首相の記者会見のポイントは次の通り。
 限定的な集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を検討し、与党協議を開始
 解釈変更が必要と判断されれば、改正すべき法制の基本的方向を閣議決定
 武力行使を目的とした集団安全保障には参加せず。平和主義を守り抜く
 武力攻撃に至らない侵害など「グレーゾーン」への対処を強化
 現行解釈で対処できない邦人輸送中の米艦船防護や「駆け付け警護」を可能とする
転記以上
http://mainichi.jp/select/news/20140516k0000m010096000c.html
毎日新聞 2014年05月15日 21時46分(最終更新 05月15日 22時49分)
どれをとっても
腑に落ちないというべきか
では、このタイミングに
なんのための解釈の変更なのか・・・
つまりは、
先月のオバマ大統領訪日の際に
TPP交渉が難航したことを思うと
はやり、この時にすでに
日本側は憲法改正に着手することを条件に
米国側が折れたのではないでしょうか・・・?
結局のところ
米国側にしては「憲法改正」必須条件であり
これから、日本が軍国国家へ突き進む・・・という可能性が
以前からのブログでもお書きしているように
残念ながらみえてきました。
日本が海軍国家となるのは
イルミナティーカードでも描かれています。
とはいっても、
憲法改正の発議には、衆参各院で総議員の3分の2以上の賛成が必要で、
国民投票により過半数の賛成で改正に至ります。
9条改正とのなると
それはもう、かなり大変なハードルにはなると思います。
今年にどうにかなるというところはないかな・・・とは思うのですが
しかし、
戦争をしようと思ってするということは
今までの歴史を見てもわかるようにあり得ないわけで
その道をたどる経緯は
簡単に言えば
”自国を侵略されうるあらゆる恐怖に陥れるような出来事に遭遇すること”
なのでしょう。
決定的な事実があっても
戦争にはそう簡単に至ることはありません。
ただし
今回のオバマ大統領がアジア諸国の訪問の際に
一番力を入れていたところは
フィリピンの対中問題に関してです。
米国は今、対中に関しての対立を深めています。
特に
フィリピン国内でも対中に関してのたくさんの暴動が起きていて
今回の外遊では
アメリカ軍の派遣を強化する旨も発言しました。
それによって近辺ではさらに
フィリピン沖での攻防が激化しています。
そして、
一番現状でかなり窮地に追い込まれているのは
韓国です。
みなさまもニュースなどでご存知かと思いますが
韓国の客船事故はちょうど先月の皆既月食前後
4/15あたりに起きています。
なぜ起きたのか・・・・?
どうして起きたのか・・・・?
真相はわかりませんが
これはやはり起きるべき起きたとしか言いようがありません。
国内経済の悪化もあり
ウォン高となり
米国金融資本も続々撤退し始めているようです。
つい何年か前の日本と同じです。
朴大統領の辞任ということも
夏前にはあるのではないでしょうか??
彼女が必死に阻止してきていたこと
それははやり、朝鮮戦争へと突き進むことなのかもしれません・・・。
対日の勢力を強めればまだその部分に手を下されることはなかったのかもしれません。
しかしもし、辞任となると
早かれ、政権交代が余儀なくされ
いよいよ、朝鮮戦争へと突き進むことになっていく・・・・
そのような気がしてなりません。
このブログでも何度か
この朝鮮戦争についてお書きしています。
南北統一ということは
これからの未来に起きるべき出来事です。
それには
平和的解決として同盟を組むこと
それ以外には
戦争という形での統一・・・ということでしょう。
対中関係でのアジア諸国での攻防も激化し
中国の追い込みがこのように追い風になっているところを見ると
今年中には何かの動きがありそうです。
※追伸
対中ということであれば
やはり沖縄もこのままの状態ではないと思います・・・。
米軍の拠点となる位置関係ですし、
沖縄県内の反発が強ければ
日本からの独立して中立国家のような状態へと進む・・・
クリミア半島のように
そんなのシナリオになっていくのでしょうか・・・?
ちなみに
2014年のジョセフ・ティテル予言完全版

2014年のジョセフ・ティテル予言完全版


このような文があります。
【予言45】 米国は中国との輸出入問題に影響する問題に悩まされる。
中国は、日中関係の複雑さを増している間にロシアとの関係を深め、
それによって日本との戦争を望む結果となるかもしれない。
この予言の結果とならないことを祈りつつ・・・
ぜひともみなさま
日々の危機管理を強めていて下さい。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ