●海の日(うみのひ)とは・・・
海の日(うみのひ)は、日本の国民の祝日の一つ。日付は7月の第3月曜日。
海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。
制定当初は7月20日だった。
2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。
国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。
国土交通省の文書の記述などによると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」という。
海のない県(内陸県)である奈良県では、
海の日と同じ毎年7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」とすることを条例で定めている。
(ウィキペディアより転記)
海に囲まれた日本ならではの祝日ともいえますね^^
来年には「山の日」の祝日も制定されることから
このような祝日も自然に親しむ日として
大切に過ごしたいですね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ