●二百二十日(にひゃくはつか)とは・・・
二百二十日(にひゃくはつか)は雑節のひとつで、
立春を起算日(第1日目)として220日目(立春の219日後の日)にあたる。
21世紀初頭の現在では平年なら9月11日、閏年なら9月10日である。
数十年以上のスパンでは、立春の変動により9月12日の年もある。
八朔(旧暦8月1日)二百十日とともに、天候が悪くなる農家の三大厄日とされてきた。
統計的には、台風は二百十日から9月下旬にかけて襲来することが多く、
二百十日よりも二百二十日の方を警戒する必要がある。
(ウィキペディアより転記)
昨日まで
各地で洪水や豪雨被害がありました。
やはり、暦というのは
昔から何かしら指し示すものがあるのでしょうね・・・。
ぜひみなさまも
お気を付けてお過ごしくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ