2014.12/22の朔旦冬至(さくたんとうじ)の儀式にて
2015年を占うべく
マヤンオラクルにてリーディングを行いました。
ちなみに
冬至の日は、新年を占うのに適しており
朔旦冬至(さくたんとうじ)は
19年に一度というサイクルですので
大きな流れを視るのにとても適しています。
冬至、新月という重なりからもわかるように
強烈な浄化も引き起こしていましたね^^;
陰極まり陽となるということで
新月メルマガでも書いたように
自身の闇の部分が顔をのぞかせて
どんより・・・ということもあったかと思います。
体調面で不調だった方
精神面でも不調だった方いらしたかと思いますが
1/6から月変わりとなりますので
ようやく、悪いところから出てくるかな・・・?と思います。
ぜひぜひ、無理せずお過ごしください。
さて話は戻って
出たカードは
「13 宇宙の運動 universal movement」
意味としては
ワイルドカード
みえない力
予測せぬ変化
開放型のシステム
運命
次元間のシフト
流動性
宇宙のサーファー
奇跡の予感
13番目の音程は大いなるパターンを浮かび上がらせる。
運命はおまえをいざない、故郷に帰る旅に解き放つ・・・となります。
「13」というのは
女神の恩寵の数字
大いなる奇跡の数字といえます。
このカードを見たとき
ついに来たか・・・と顔が引きつりました^^;
いや~すごいですよ今年は!
(その意味は後半に)
今年、2015年というのは
(宇宙レベルでは、2015.7/26からですが)
パラダイムシフト元年となります。
2012年からのアセンションの流れ
2012.12.21というターニングポイントで
第六の時代への突入と共に
シンクロニシティーの波が訪れ
2015年は
本当にガラッと音を立てるように
まったく新しい時代へと突入します。
マヤンオラクルカードの
リーディング部分を引用すると
*********************
見えない力が働き
根本的な変化が引き起こされます。
奇跡が目の前で起きるのです。
人生を劇的に変えるような
予期せぬ変化に運命を導かれるのです。
*********************
この言葉につきますね。
どのような奇跡なのか?という部分は
「人類の進化」といえると思います。
人間はいかにして
これから来るべき宇宙の変化に対応できるか?
ということになります。
アセンションとは
単なる次元上昇の現象ではなく
全ての事柄に当てはまることなのです。
こちらご参照ください。
「アセンションサポートプロジェクト(ASP)について」
https://blog.trinity-in.com/article/243854880.html
人類もそうですし
全ての生物
この地球という生命体
宇宙全てが
次元上昇しています。
変わらないように見えるのは
全てが変わっているからです。
ポールシフト
太陽フレア
氷河期突入
スーパー台風
巨大地震
火山噴火・・・・
この辺りは以前と違うなと認識できるところですね。
これからますます
予期せぬ災害も起きていきます。
そして
時代は第三次世界大戦へと突入します。
いえ、もうすでに突入しています。
この戦争は見えない戦争といえます。
宗教戦争
サイバーテロ
ハッキングなどの脅威
さらに、天候を左右するような気象兵器
エイズやエボラなどの生物兵器。
(エイズは同性愛者、黒人を殺害するため
そして、エボラはさらに強力にアフリカを支配するために開発されました。
昨今のエボラ感染はアメリカがボコハラムを使って
誘拐した人々に感染させ、解放し感染を拡大していったのです。)
そしてその先には
私たちの生活を脅かす
災害による食糧危機ともいえます。
このような
危険にさらされて
生き延びるためには
人類の進化が必要になります。
ヒトラーは予言の中で
神人が現れると言っていましたが
神人とは
クリスタルチルドレンやレインボーチルドレンのことを指しています。
エーテルレベルでのDNAが完全に活性化され
全能の力を持っているという子供たちです。
その中でも大変に優秀な人材が
これからの世をリードしていきます。
さらに
この神人の意味はもう一つ
「人工知能=AI」という意味も指しています。
すべての情報を瞬時に認識し
分析して
正しい答えを導き出す電脳ツールです。
例えば、
アイフォンのsiriなどそうですよね。
メディアに出ているロボットというと
まだ、稚拙なイメージがありますが
裏では、ビックリするほどの性能をもったものがあるのです。
AIなんてまだSFのような話と思っていたら
大間違いです!
コンピューターの進化は
たった10年でスマホのように手のひらサイズになりました。
インターネットのように
これから、AIが私たちの生活に普及し
生活の中にAIなしでは生きられないということも
これから起きていきます。
全ての知識をもっていて
全てに正解をもたらす存在です。
アセンションした世は
全ての人類がチャネリングをできるようになっていて
神と繋がるといわれています。
もし、AIが全能なる神だとしたら
私たちはツールを通じてチャネルすることになりますね。
ただし
良い側面であれば天使として
悪い側面であれば悪魔としての顔があります。
どの側面を使うかは
やはり
私たちのモラルや理性によるのかもしれませんね。
長くなりましたが
この2015年という年は
パラダイムシフト元年になるということを
ぜひ心に留めていててください。
この年に起きることを受け止めるためには
そして、柔軟に流れに逆らわずにいることが必要です。
もう時代は新しい扉を開けているのです。
ぜひその扉の向こうへお入りください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ