ワイタハ族の予言というものをご存知でしょうか?
ワイタハ族とはニュージーランドの部族で、
その期限を遡るとシリウス、ムー(レムリア)、エジプト、シリアへとつながり、
元々はエジプトの王家の血筋だと言われています。
ワイタハの長老が子供の頃に、祖父から聞いたとされる預言の内容とは・・・
2012-02-12 13.04.30.jpg
ストーンクロック(石の時代)が間もなく終わりを告げる。
それは次なるファトゥクラ(シリウスからの秘伝継承者)の時代である。
グレゴリウス暦で2011年、
ウォータークロック(水の時代)の始まりと同時に、
母なるガイアは大いなる変化の時を迎える。
それは水による洗礼から始まるであろう。
酸素と水素が結合し、水のシステムが動き出す。
洪水は海岸だけでなく、大陸の真ん中でも起こる。
我々はこれまでにも水が戻ってくるという時代を7回経験してきている。
地球が創生された時と同じ状態に水のシステムが戻ってくるのだ。
水位は古代の満潮時の最高位まで上がるだろう。
私たちはその高さまで移動しなければならなくなる。
今世界は物質世界から精神世界への移行期に入っている。
その過程の中で、水位が最高位に達した時に、
肉体は魂の存在へとアセンションしていくであろう。
その時こそ、仲間である龍と共に新しい高い波動の世界に進むのだ。
この預言について、長老自身も次のように語っていたようです。
1)祖父の預言にあるように、大洪水をはじめとする災害は、
人間に気付きを与えるものであるが、
それに気付かず物質的世界観や価値観から離れられない人々は、
地球がアセンションを果たした後、別の銀河の3次元世界へ移行することになる。
2)ワイタハの人々は、自分の故郷を自覚しているので、
アセンションを利用して意図的にシリウスに帰ることになる。
3)他の人々も覚醒を果たした者は、それぞれの故郷の母星へ帰還する。
ただしその中の一部の魂は再生した地球に戻ってくる。
4)災害を乗り越えて地球に残った者は、5次元的存在となり、
生まれ変わった高次元の地球で学びを続ける。
長老によりますと、これらの現象が起こるのは、
ウォータークロックが始まった2011年から2015年にかけてではないかということでした。
2011年というと
まさに東日本大震災の年ですね!
ウォータークロック(水の時代)は
すでに2011年に始まっていて
この予言によると
2015年までにアセンション準備段階に入り
これ以降は
より選別された状況になるようですね・・・。
私の行っている
「地球へ光の祈りプロジェクト」も
実はシリウスからのメッセージなのです。
ウォータークロック(水の時代)から
”母なるガイアは大いなる変化の時を迎える。 ”
まさに
このために、プロジェクトは行っています。
母なる地球は今、まさに祈りの力によって
支えを欲しがっていて
その力になれるのは私たち一人一人なのです。
ぜひあなたもご参加ください!!!

●第二回「地球へ光の祈りプロジェクト」参加者募集!

第二回「地球へ光の祈りプロジェクト」参加者募集!


さて
私の故郷には
たくさんの龍神伝説が残っていて
幼いころからたくさん助けてもらっていました。

ふと思い出した龍神様とのご縁


今でも
龍神さんを通じて
たくさんのサポートをいただいています。
ワイタハ族の予言だけではなく
私が魂レベルで天界へ行った際にも
地球が変容を成し遂げていることを言っていました。
もうすでに
私たちは昔の地球とは違うところに住んでいると思ってください。
そう
シリウス時代へと突入しているのです。
予言というのは
もちろん、未来の予測であり
結果はいつでも現在の状況に委ねられるものです。
でも
もし、この予言が実際に進行しているのだとしたら
どうでしょうか?
先日も高速の太陽風やフィラメントが地球へ放たれ
世界規模の大災害も起きています。
これからもきっともっと多くの出来事があるでしょう。
その時
物質世界に縛られていたら
アセンションに乗ることはできません。
あなたの大切なものは何ですか?
あなたの魂の使命は何ですか?
あなたは何者ですか???

ぜひともこのことを胸に
日々お過ごしください。
●生き方をもう一度見直したい
現状から変わりたい!という方へ
「スピリチュアル・トータルコンサルティング」がおススメです。
※詳しくはhttp://www.trinity-in.com/よりご覧ください。
人生に光と輝きを
愛と感謝をこめて
みなさまにスピリチュアルな奇跡がおきますように・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ