「13の月の暦」 の上では
8月23日より
[赤い太陽の月]の年”月の月”1日目です。
この日から28日間
9月19日までは”月の月”となります。
Lunar Scorpion Moon (August 23-September 19)
ちなみに
本日は
KIN37
赤いスペクトルの地球
(Red Spectral Earth)
【キンの書】
私は発展させるために溶かす
共時性を解き放ちながら
舵取りの母体を封印する
解放のスペクトルの音で
私は自らの二重の力に導かれる
転記以下
●月の月
目的を方向づける
月は、生命の二元性をあらわす。
空に一筋の川の流れ、星々が形づくる川の流れ、
地球からみると、太陽と月は、ほぼ同じ大きさ。
月は太陽の光を受けて夜に輝き、人に「陰陽」という二元性の関係を感じさせてくれる。
「陰陽」は対立ではなく、二つが組み合わされてひとつになっている。
「磁気の月」、「月の月」、「電気の月」、「自己存在の月」、
コズミック・ダイアリーの最初の四つの月は、行為を生み出すためのベーシックな宇宙論。
月の月の働きは、二つに分ける(「極性を与える」)ことによってエネルギーを生み出す。
北極と南極という対の極を生み出す。
でも、宇宙から見ると、それは対立としてではなく北極から南極へ、
また、南極から北極へと、
磁力の循環する安定したエネルギーの働きとして、とらえることができる。
月の月の28日間は、
目に見えないエネルギーが醸成されていることを、宇宙から感じてみよう。
「チャレンジ」という「新しいものに向かう心の力」は、
新しい価値観、新しい時代に向かうエネルギーを強める。
銀河から見ると、地球の上で、陰陽のように安定させることになる。
同じ地球から、ひとつの月を見ていることにかわりはない。
何億年の歴史の中での、生命としての大きな目的を感じてみたい。
What is my challenge?
転記以上
13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」より
http://cosmic-diary-internet.com/whats_cd/meaning/
この”月の月”は13の月の暦の上で二番目の月です。
さて
この「月の月」のテーマは
”私の挑戦は何か?”です。
ちなみにトーテムはさそりで
働きは”さそりは挑戦を分極化する”です。
キーワード”挑戦”ですが
13の月の暦の中の「ウェイブスペル」では
”障害物は何か?”という部分に入っていきます。
そしてそれは
”挑戦を見出す”というキーワードとなります。
5か月間の
”行為の基礎を確立する”方法へ意識を合わせています。
※13の月の暦を理解したい方へ・・・
こちらの講座がおススメです^^
「13の月の暦 講座」
http://blog.trinity-in.com/article/257276259.html
<ヒーリングショップ空船> より
13の月の暦「赤い太陽の月の年」の手帳、販売しています。
どうぞ、お早目のご注文お待ちしております。
http://shop.trinity-in.com/ca5/279/p-r-s/
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ