『ワンネスーすべての宗教に共通する、偉大なる原理』 ジェフリー・モーゼス著
より引用転記
世界の宗教の聖典からの抜粋です。
全ては一つという真意の中に多様性が見られます。
●自分の行動に責任を持つこと
・仏教
播いた種は刈り取らなければならないということは、自然の法則である。
・キリスト教
 人は播いたものはすべて、自分で刈り取るであろう……
神はその人の行ないに従った報いをすべての人に与えるだろう。
・ヒンズー教
あなたが播かないものを、得ることはできない。
あなたが木を植えれば、木が生長する。
・ユダヤ教
自由な人は豊かになり、水をやる人は、水を与えられるであろう。
●許し
・仏教
憎しみによって憎しみが減ることはない。愛によってのみ、それは減少する。
それは宇宙の法則である。
・キリスト教
もし、あなたが他人の犯した過ちを許せば、天の父もまた、あなたを許すだろう。
しかし、もしあなたが他人を許さなければ、あなたが犯した過ちを、天の父は許さないであろう。
……「主よ、弟ぴ私に対して罪を犯した時、私は何度彼を許せばいいのですか? 七回ですか?」
イエスは彼に言われた。「七回とは言わない。七の七十倍と言おう」
・ヒンズー教
高貴な心の持ち主は、平和と人々の幸福のために、
それも彼らを傷つけた人々の幸福のためにさえも、その身を捧げる。
・イスラム教
お前の召使いを日に七十回許せ。
・ユダヤ教
人できる最も美しい行ないは、過ちを許すことだ。
●平和と愛
・仏教
自分か播いたものは刈り取る。……これは法則である。
……その心は愛であり、そのゴールは平和である。
敵を力で征服すれば、相手の怒りを増す。
愛によって征服すれば、あとで悲しみを味わうことはない。
……人のためになり、誰かを傷つけるような残酷さのない真実を語る者を、私はプラーマナと呼ぶ。
平和を達成するために正義が行なわれる時、正義を行なった者は勝利を得、
すべての足かせは完全に破壊されるであろう。
言葉や行ないによって、人を傷つけてはならない。善行に徹せよ。
・キリスト教
あなたに不正を働く者に敵対してはならない。右のほおを打たれたら、
左のほおを差し出しなさい。
もし、人があなたの下着を取ろうとしたら、上着をも与えなさい。
平和を作る者は幸いです。彼らは神の子らと呼ばれるだろう。
……すべての知恵を持つ神の平和は、あなたの心と思いを守るだろう。
あなたの敵を愛しなさい。あなたを呪う者を祝福しなさい。
あなたを憎む者に善を行ないなさい。あなたを迫害する者のために祈りなさい。
そうあってのみ、あなたは天の父の子になることができるのです。
天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽を昇らせ、
正しい者にも正しくない者にも、雨を降らせて下さるからである。
あなたが自分を愛する者だけを愛したからとて、なんの報いがあろうか。
心を尽し、精神を尽し、思いを尽して、主なるあなたの神を愛せよ』
これが一番大切な、第一の戒めである。第二の戒めも、これと同様である。
『自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ』
これらの二つの戒めに、律法全体と予言者とが、かかっている。
これはあなた方への私の戒めである。互いに愛し合いなさい。
・ヒンズー教
心は落ち着きがなく、抑制するのが難しい。
しかし、練習し、欲望をなくすことによって、静かにすることができる。
気まぐれな心がどんなことに気を散らそうとも、心を静め、心を取り戻し、
霊のもとに置かなければならない。
こうしてその心が平和になった者のもとには、必ず最高の喜びが訪れよう。
親切によって怒りを克服し、良き行ないによって悪を克服しなさい。
寛大亡によってすべての卑しきを打ち負かし、真実によって、うそと欺瞞を打ち負かしなさい。
・イスラム教
善によって悪に報い、悪を征服せよ。断食、慈善、祈りに勝るものがある、とでも言うのか?
敵の間に平和を築くとは、こうした行為なのだ。
なぜなら、憎しみと悪意は天からの報いをずたずたに引き裂いてしまうからだ。
・ユダヤ教
良き知らせをもたらし、平和を広める人の山を行く足どりは、何と美しいことだろうか。
しかし、私はあなた方に言う。愛の行為はすべての戒律と同じほど価値がある。
学ぶことではなく、行なうことが一番大切なのだ。
愛はトーラの始まりであり、終りである。
汝自身の如くに、汝の隣人を愛せ。
●黄金律
・仏教
自分自身が苦痛を感じることを、他人にしてはならない。
世界中のあらゆるものに愛を与え、他の人々の利益のために徳を行なう。
このような人だけが幸せである。
汝の隣人を裁くな。
・キリスト教
人を裁くな。自分が裁かれないためである。
……何事でも人々からして欲しいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。
これが律法であり預言者である。
……命にいたる門は狭く、その道は細い。
・ヒンズー教
これがすべての真の正義の大要です。
あなた自身が扱われたいように、他人を扱いなさい。
汝が隣人からされたくないことを、隣人に行なってはならない。
隣人を自分自身として見ることによって、人は正しい行動規準を得ることができる。
・イスラム教
自分のして欲しいと思うように、すべての人にしてあげなさい。
自分のために拒否することは、他の人のためにも拒否しなさい。
・ユダヤ教
あなた自身に害になることを、仲間にしてはならない。
これこそトーラのすべてであり、それ以外は解説にすぎない。
彼の立場に自分か置かれる前に、隣人を裁いてはならない。
●霊性
・仏教
自らの言葉に従って行動しない人の、調子は良いけれど実のない言葉は、
色は美しく鮮やかでも、香りのない花のようなものだ。
本物の宝物とは、慈善と信心、節制と自己統制を通して、積みあげられたものである
このようにして蓄えられた宝物は確実で消耗することはない。
・キリスト教
天の父がすべて善であるように、あなたもまた、すべて善であらねばならない。
……地上に自分のために富を積んではならない……天に富を積みなさい。
あなたは神と金に仕えることはでさない。
全世界を手に入れたとしても、自らの魂を失ったとしたら、
その人は何のために利益を得たというのだろうか?
人はパンによってのみ生きるのではなく、神の御言葉によって生きるのである。
あなた方の中で、心配するこどによって背が三〇センチも伸びたり、
一日でも多く長生きでききたりする人がいるであろうか? 
何よりもまず、心を神の王国とその正義に向けなさい。
そうすれば、あとのこともまた、あなたのもどにやって来ます。
もし、命に入りたいと思うなら、戒めを守りなさい。
……殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、父と母を敬え、
そして自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せ
……もし、あなたか完全になりたいと思うなら、帰って、あなたの持物を売り払い、
貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。
……富んでいる者が神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい……。
しかし、多くの先の者はあとになり、あとの者は先になるであろう。
・ヒンズー教
奉仕し、強く探し求め、質問し、謙遜することによって、この知恵を求めなさい。
霊的な知識よりもすぐれた浄化力のあるものは、この世にはない。真実を語りなさい。
義務を果たしなさい。真実からはずれてはいけません。
正しく行動する者は賢い。……人はパンによってのみ生きているのではない。
……他人を傷つけてはならない。思いや行ないで危害を加えてはならない。
仲間を苦しめる言葉を吐いてはならない。……怒りを捨てた者は神に到達する。
・イスラム教
信仰を拒絶する者は誰か、知っていますか。
それは孤児を無視する人、貧しい人々に決して施しをしない人です。
自分の「サラート」を考えずに「サラート」の祈りを行なう者は災いです。彼らはた
だ見せかけているだけです。そして、慈善を嫌います。
……アラーが慈善を好まれるからには、あなた方は慈善を行なうべきです。
不正直なやリ方でお互いの金銭を奪ってはならない。真実とうそを混同してはならない。
知っていて真実を隠してはならない。……アラーはどこにもいて、すべてを御存知なのだ。
人類は完全に失敗している。例外は、神を信じて正しい生活を送り、真実を支持する
ために互いに励まし合い、信念を貰くために互いに助け合う人々である。
その人が本当に信心深いかどうか、どのようにしたらわかるのかと、
一人の男がムハメッに質問し、彼はこう答えた。
「もし、自らの良き行ないから喜びを得、自分が犯した悪によって苦しむのであれば、お前は真の信者だ」
ゆりかごから墓場まで、知識を求め続けよ。
・ユダヤ教
殺すなかれ。姦淫するなかれ。盗むなかれ。偽りの証言を行なうなかれ……むやみに欲しがるなかれ。
誰が主の山を登るのか? 誰が主の聖所ニ立つのか? それはされいな手と純粋な心を持つ者である。
誤ったことに心を向けていない者である。そして虚偽の誓いをしたことのない者である。
あなた方はみな、隣人には真実を話しなさい。門を入る時に、真実と平和を実行しなさい。
……貧しい人々を思いやる人は幸いなり。主は困難な時に、彼のもとに行かれるだろう。
人はパンのみニて生きるに非ず。主の口より出ずるすべての言葉に生かされている。
●魂の不滅
・仏教
真の自己とは自己の魂である……自分の自我を上手に静めた時、人は見つかりにくい魂を発見する
……この体は泡の如きものであり、その本質は蜃気楼のそれであることを知れば、弟子は死におびやかされずに逝く。
……聖なる者への欲求が高まった者は、
その欲求に心を貫かれた者、低次元の欲求によってその思いが攬乱されない者は、「神に向う者」と呼ばれる。
・キリスト教
死人がよみがえることは、モーゼも柴の篇で、
主を「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」と呼んで、これを示した。
神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。人はみな、神に生きるものだからである。
あなた方は神である。神の御言葉が川けられた人達は、神と呼ばれる。……生さて信仰を持つ者は、死ぬことはない。
・ヒンズー教
魂を通して、人と神の両方を理解する知識は知恵である。
何かが作られるのは、常に肉体と魂の合体による。
惑う者は肉体を去る霊魂も肉体にとどまる霊魂も見ることはない。
内側の深い所に、もう一つの生命が住んでいる。
五感の生命どは違って、それは目に見えず、変わることもない。
すべての作られたものが無に帰しても、これは存在し続ける。
個々の魂は、本質において、宇宙の魂以外の何物でもない。
……人間はお互いに、
頭、腕、胴、脚となって補いあっている。
・イスラム教
豊かさは俗世の物質的な豊かさから来るのではなく、満ち足りた心から得られる。
あなたが他人のために行なう良きことはすべて、あなた自身の魂の前へと送り出され、
神の目にとまるだろう。神はあなたが行なうことをすべて、見守っている。
・ユダヤ教
私は羊、主は私の羊飼いです。私は何も望みません。
神は私を緑の牧場に置き……私の魂をよみがえらせ給う。
たとえ、死の影が漂う谷間を歩もうとも、神が私と共にあらせられれば、私は何をも怖れない。
……神の祝福と恵みは私の人生の日々についてまわり、私は神の家に永遠に住むであろう。
●神
・仏教
もし、法が自分の外にあると思っているならば、あなたは絶対の法ではなく、
何かつまらない法を大切にしている。
愛さない者は。神を知らない。なぜなら、神は愛だからだ。
・キリスト教
神は愛であり、愛の中に住む者は、神の中に住み、神は彼の中に住む……あなたは神の社であり、
神の霊があなたの中に住むことを知リなさい。
事実、神の王国はあなたの内にある。すべての神であり、すべての父である唯一の存在があるだけだ。
それはすべての上に、すべてを貫き、そしてあなた方すべての内にある。
・ヒンズー教
唯一の太陽が世界全体を照らしているように、一つの大いなる霊がすべての人を照らしている。
真我の知恵が無知を追い払った者の中には、太陽に照らされたように、至高の存在が顕現する。
彼はすべての存在の中に隠れている唯一の神である。それはすべてに広がり、すべて
の生き物の中の真我である。全世界を見守り、すべての生物の中に住む目撃者であり、知覚する者である。
神はすべての者の心の中に隠れている。
・イスラム教
神の本質に似せて、人間の本質は作られている……すべての生き物は神の家族である。
そして、神の家族に最も良さことを為す者を神は一番愛される。
・ユダヤ教
イスラエルよ、聞け。私達の神、主は唯一なり。汝らは心のすべてで、魂のすべてで、力のすべてで、主、汝らの神を愛せ。
あなたの神、主を愛しなさい。心のすべて、魂のすべてで彼に仕えなさい。
そうすれば、私は季節ごとにあなた方の土地に雨を与え、あなた方の家畜のために野に草を与えよう。
あなた方は食べ、満ち足リるであろう。そして、家にすわっている時、道を歩いている時、
横になってている時、起き上がる時、子供達にこの言葉を教えるのだ。
そうすれば、あなた方は栄えてゆくだろう。
私達はみな、唯一の父を持っているではないか? 
唯一の神が私達を創造したのではないか? 
神は御自身のイメージ、御自身が創造された神のイメージで、人間を創造されたのだ。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ