本日、2013年7月26日は
13の月の暦でいうところの
「黄色い銀河の種の年」のスタートです。
新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
さて
今年(「黄色い銀河の種の年」20130726-20140725)のキーワードは
銀河の・・・無欠性、調和させる、形どる
黄色い種・・・開花、目指す、気付き
となります。
今年(「黄色い銀河の種の年」20130726-20140725)のオラクルは
ガイドキン・・・黄色い星・・・・気品、美しくする、芸術
類似キン・・・・青いワシ・・・・ヴィジョン、創り出す、心
神秘キン・・・・赤い地球・・・・舵取り、発展させる、共時性
反対キン・・・・白い魔法使い・・永遠、魅惑する、受容性
となります。
昨年(青い共振の嵐の年20120726-20130725)はいかがでしたでしょうか?
イギリスでは
エリザベス女王も即位60周年という節目であったり
さらに
年のはじめに(2012年7月、8月)世界的な行事として
ロンドンオリンピックが開催され賑わいを見せましたね。
年の終わり(2013年7月22日)にも
ジョージ王子が誕生という
とてもおめでたいニュースが飛び込んできました^^
”豊かさ”というキーワードついてに注目してほしいという言葉通り
イギリスでは象徴するべき出来事が重なったようにも思えます。
ここ、日本でも大変大きな節目になる年でした。
衆院選、参院選があり自民党の圧勝という背景から
日本の経済の建て直しというタイミングとなりました。
2013年5月には、出雲大社の大遷宮もありましたし
2013年10月には伊勢神宮の遷宮もあります。
政治、経済、文化が
大きな流れの中で生まれ変わって生きます。
この新しい年というのは
何かを伝承し、伝えていくこともまた
必要なタイミングなのかもしれませんね。
あと、
世界的な流れとして
女性性の開花と共にあるのが
同性愛者への配慮だったり
同性婚という改革です。
性別というのは
肉体に表れる最終形なので
妊娠時に最後のあたりで形成されるものです。
スピリチュアルな視点でいうと
実は、魂には女性も男性もないのです。
肉体は魂の器なので
肉体がなければこの世には存在できません。
生まれてくるときに
選んでいるのは
転生を希望した本人です。
男女という役割から学ぶことは
たくさんあります。
しかしながら
これからの時代は
その役割を超えたところでの学びが
必要になってきている・・・ということなのでしょう。
性別を超えた愛ということは
もちろん
全ての人に称賛されることではないのかもしれません。
しかし
世界の政治的、宗教的な改革が進めば
既存の形にこだわらない
ボーダーレスな愛も称賛されてくるかもしれませんね^^
愛には形はありません。
愛はすべてを超えたところにあるのです。
精神的なもので
物質的なものではありません。
世界で成立しつつある同性婚は
一つのスピリチュアルな流れとして感じます。
ちなみに
トートタロットカードでいうなれば
今はちょうど「アイオン」です。
何かが始まるためには
何かを終わらせないといけません。
終わらせたのちに、
すぐに行動に移す前に
必ず熟考しなければいけません。
「種まき」とは
つまり、いつか芽が出ることに配慮して
計画を練ることなのかも知れません。
今年、注目すべきキーワードは
ガイドキンである
黄色い星・・・・気品、美しくする、芸術
「美しさ」です。
美というのは
感覚です。
完全に個人的な感情や思考であり、
物体のフォルムなどに対して感じるものです。
この年は
美という感覚が
もっともっと細分化されて
さらに広がっていくように思います。
誰もが
それぞれの美を持ち
表現していく流れが出てきます。
綺麗ではなく
美しいという感覚をぜひ大切にされてください。
自分の中の「美」を
ぜひこの新年のスタートに考えてみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ