●母の日(ははのひ)とは・・・
母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。
日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。
例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たる。
●世界の”母の日”
・アイルランドとイギリス
「マザリングサンデイ」は移動祝日で、キリスト教暦のレント(四旬節)期間の第4日曜日(復活祭の3週間前)に祝われる。
17世紀に起源をもつと言われる(奉公中の子ども達が年に一度、教会で母親と面会出来る、など)。
・アメリカ
アメリカでは南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、
夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言」(Mother’s Day Proclamation)を発した。
ハウの「母の日」は、南北戦争中にウェストバージニア州で、「母の仕事の日」(Mother’s Work Days)と称して、
敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービスの活動にヒントを得たものだが、
結局普及することはなかった。
ジャービスの死後2年経った1907年5月12日、
その娘のアンナは、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、
白いカーネーションを贈った。
これが日本やアメリカでの母の日の起源とされる。
アンナの母への想いに感動した人々は、母をおぼえる日の大切さを認識し、
1908年5月10日に同教会に470人の生徒と母親達が集まり最初の「母の日」を祝った。
アンナは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡した。
このことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなった。
アンナ・ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案。
1914年に「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められた。
・日本
日本では、1931年(昭和6年)に、大日本連合婦人会を結成したのを機に
、皇后(香淳皇后)の誕生日である3月6日(地久節)を「母の日」としたが、
1937年(昭和12年)5月8日に、第1回「森永母の日大会」(森永母を讃へる会主催、母の日中央委員会協賛)が
豊島園で開催された後、1949年(昭和24年)ごろからアメリカに倣って5月の第2日曜日に行われるようになった。
母の日にはカーネーションなどを贈るのが一般的。
●世界の「母の日」の日付
・2月第2日曜日 – ノルウェー
・ユダヤ暦 Shevat 30日(通例2月)- イスラエル(Shevat=ユダヤ暦の第11月)
・3月3日 – グルジア
・3月8日 – ラオス、 ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、スロベニア、マケドニア、アルバニア、ブルガリア
・四旬節の第4日曜日 Mothering Sunday (2006年3月26日) – イギリス、アイルランド
・3月21日(春分) – バーレーン、エジプト、レバノン、シリア、パレスチナ、ヨルダン、クウェート、
アラブ首長国連邦、イエメン、オマーン、サウジアラビア、カタール、リビア
・4月7日 – アルメニア
・5月第1日曜日 – ハンガリー、リトアニア、ポルトガル、スペイン、ルーマニア、南アフリカ共和国
・5月8日 – アルバニアParents’ Day、 韓国Parents’ Day
・5月第2日曜日 – 日本、アメリカ合衆国、 カナダ、 香港、 台湾、 オーストラリア、 ドイツ、 イタリア、
南アフリカ共和国、シンガポール、ニュージーランド、ペルー、 フィリピン、 ベルギー、 ブラジル、チリ、
コロンビア、 キューバ、 デンマーク、 エクアドル、プエルトリコ、スイス、 チェコ、 リヒテンシュタイン、
ウルグアイ、 中国、 ウクライナ、 マレーシア
・5月10日 – メキシコ、 エルサルバドル、 グアテマラ
・5月15日 – パラグアイ
・5月26日 – ポーランド
・5月30日 – ニカラグア
・5月最終日曜日 – アルジェリア、 フランス、ハイチ、 スウェーデン、 チュニジア、 ドミニカ共和国、 モロッコ
・8月12日 – タイ(シリキット王妃誕生日)
・8月15日 – コスタリカ
・10月第3日曜日 – アルゼンチン
・11月最終日曜日 – ロシア
・12月22日 – インドネシア
(ウィキペディアより転記)
世界各国で日にちが違うように
日本も以前は今のような5月の第二日曜ではなかったのですねー。
母の日にプレゼントするものはもう決まりましたか??
風水的には
今年はぜひお花ならカーネーションに
香りのある花や緑をプラスした花束がおススメです。
もし、お花を添えてプレゼントしたいとお考えなら
ぜひ、アロマスプレーや香りの小物などがよいでしょう。
そして・・・
日ごろの感謝を心からの言葉でぜひ伝えてみてくださいね!
ご参考まで^^
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ