ちょうど、昨日はみずがめ座の新月。
さらには、水星が逆行となります。
まさしく
目まぐるしいほどの動きがありましたね。
こちらの記事でお書きしたように
フランスでの連続テロ事件、20150111フランスデモで各国首脳が勢ぞろい・・・真相はいかに?

フランスでの連続テロ事件、20150111フランスデモで各国首脳が勢ぞろい・・・真相はいかに?


*********************
今年、日本でも大きな動きがあります。
予言ではなく、すでに計画予定されていることが
実行されるだけなのです。
*********************
残念ですが
この言葉のような出来事となっています。
さらに
不安をあおるようですが
この日本人拘束事件は序章に過ぎません。
阪神淡路大震災
サリン事件から20年・・・。
20という数字は
とてもパワーがあります。
聖なる数字である13とともに
自然の法則に形作られたパワフルな数字なのです。
この数字に関しては
一つのサイクルの終わりといえます。
マヤの暦
13の月の暦でいうところは
20は「黄色い太陽」となり
普遍的な火、照らす(啓発する)、生命 という意味です。
私は天照大御神さまを意味していると感じています。
余談ですが
女性皇族である
秋篠宮佳子さまもちょうど20歳。
成人となられましたね。
さて話はもどり
フランスのテロ事件において
日本からすぐに安倍首相が駆けつけました。
中東歴訪中、イスラム国対策として2億ドルを
人道支援として提示。
このタイミングにイスラム国が日本人を拘束し声明を発表しています。
無事に拘束を解かれ
よりよい形でこの事件が解決することを祈りづづけています・・・。
そこで、
安倍首相は日本は
イスラエルと共にあると言わんばかりの会見をしています。
このタイミングに、
安倍首相がイスラエルに行ったのは
他でもない
ヤハフェ(エロヒム)の神が昨日動いたためです。
ヤハフェはユダヤ教、旧約聖書に登場する神です。
ちょっと専門的なので
簡単にご説明しますが
ヤハフェというのはこの宇宙を司っている神です。
そして
太陽系に実在するパラレルアースのような存在でもあります。
昨日、ヤハフェ神から接触があり
私はチャネリング状態にありました。
これから起きる大変素晴らしい変革の波を
感じ取っていました。
それは、きたるべき時代という意味で
私たち人類は理解し
託されるべき使命でした・・・。
今はお伝えできませんが
時が来たらお伝えできるかもしれません。
さて
今回の事件、
なぜこのようなタイミングに起きたかというと
日本の祖先はユダヤ人でもあるからです。
日ユ同祖論もいまではかなり有名ですね。
八幡神社は実はヤハフェをお祀りしている神社であるとされています。
さらには
伊勢神宮の灯篭にしっかりとダビデの星(六芒星)が刻まれています。
20150111
この瞬間から世界戦争へ突入したとみていいでしょう。
許さるべき事態が今後起きることがあっても
許すべき姿勢ということが大切です。
私たちの生活は少しづづ変化します。
日本が軍事力を持たない国として70年。
その是非が問われます。
ジョン・レノンは”戦争は終わった”と歌いました。
マイケル・ジャクソンは”地球を癒そう、君と僕とで・・・”と歌いました。
続きは私たちが歌うことになるのでしょう・・・。
今までのような戦争にならないと私はみています。
サイバーテロのように
身近に迫る恐怖といえば
エボラなどのウィルスによるものもあります。
震災に弱い日本だからこそ
これから、大震災による災害もありえます。
日本が国際事件の標的になることも増えることもあるでしょう。
あなたなら
どんな歌いますか?
時を同じくして
昨日はサッカーのアジアカップがあり
日本とヨルダンが戦いました。
ずーっと精神的、肉体的な不調を抱え
それでも一生懸命に頑張っていた香川選手が
悲願の得点ゴールを決めました。
長い長い苦しみ、悲しみは不調は
いつか必ず抜けて
自分の信じる希望へと変わるのです。
誰よりもうれしかったのは
もしかしたら、チームメイトやファンたちだったかもしれません。
(私も思わずうれし泣きしてしましました^^;)
世界は一人だけの物でもなければ
政治家、支配層のゲームでもありません。
人は優しさの中で生まれ
天の恵みのなかで育ち
そして
安らぎと共に旅立っていくために人生があります。
どんな事態になったとしても
冷静に保ち
そして
心をくじけずにいてください。
神様はどんな状況にあっても
必ず見ています。
勇気をだして恐怖と打ち勝ってください。
そして
自分をいたわり
他の人も大切にしてください。
愛の心を忘れずに・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングにご協力お願いします。
↓↓↓こちらをクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ