あなたは病気じゃない♡

運命の輪を回すコンサルタント
真善美(ますみ)です^^

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は生きづらい人々?!

こんな記事を見かけました。

化粧のニオイで嘔吐、満員電車で呼吸困難に…敏感すぎて“生きづらい”人々
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-01573666-sspa-soci

仕事や家庭などさまざまな場面で感じる「生きづらさ」が日本人に蔓延している。
30~55歳までの男女2000人を対象にしたアンケート調査でも
64.5%の人が生きづらいと感じている現代社会。繊細すぎる感性を持つ
『HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)』という気質や発達障害など注目を集めている。

「子供の頃、一緒に車に乗っていた母親の化粧の匂いで気持ち悪くなって、しょっちゅう嘔吐していました。今でも他人の香水や柔軟剤などの匂いがきつい場所は苦手ですね。大人になるまで親と一緒に暮らすのでさえイレギュラーな刺激が多すぎて苦痛でした」

「いろいろな匂いが混ざり合った満員電車に乗ると、呼吸ができなくなるほど苦しくなります。そのため外出する際は常にマスクが必須。大きな音も苦手なので、音楽を流さないままイヤホンをつけて音を遮断したり、強い光に刺激を受けないようサングラスを常備したりしています。渋谷や新宿など刺激に溢れた繁華街には極力足を踏み入れないよう生活しています」

通勤ラッシュを避けるため定時より1時間早く出社。職場でも周囲のノイズが気になったらトイレに逃げ込む。大勢での飲み会も苦手なので、極力参加しないよう同僚ともビジネスライクな交流しか持たない。そうやって自分のコントロールできない刺激を可能な限り避けるよう注意することでなんとか折り合いをつけているという和田さん。現在恋人はいるものの、今後の人生については悩みが尽きないという。

ようやく
『HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)』のことを
ニュースや雑誌にとりあげていただけるようになったと思ったら・・・
残念ながら完全に!病気扱いなんですね^^;;;;

心理学やカウンセラーの方々は
かなり前から
『HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)』のことを
取り扱われています。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?

これは私の2014年の記事です。

自分の繊細さに気が付く瞬間、 Sensitive Person〜敏感すぎる人

自分の繊細さに気が付く瞬間、 Sensitive Person〜敏感すぎる人

HSPは
Hyper Sensitive Personの略であり

「匂いや音、一緒にいる人の気分など、
 周囲の微妙な変化を普通の人よりも
 敏感に感じ取る能力に恵まれ、
 創造性にも優れている」

いわゆる内向性の強い、感受性の強い
豊かな内面世界を持つ人です。

HSPの本にも書いてありましたが、
HSPの中には無条件で愛された経験が
乏しかったり、違和感に劣等感を覚える場合、
繊細なだけにダメージが大きくなり、
自分に自信がもてなかったり、
恐怖感に圧倒されて行動できなく
なることがあるそうです。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)自己診断

簡単な自己診断テストがあります。

以下

HSP自己診断テスト

次の質問に、感じたまま答えてください。

少しでも当てはまるのなら「はい」と答えてください。

まったく当てはまらないか、 あまり当てはまらない場合に「いいえ」と答えてください。

1.自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

2.他人の気分に左右される

3.痛みにとても敏感である

4.忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる

5.カフェインに敏感に反応する

6.明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

7.豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい

8.騒音に悩まされやすい

9.美術や音楽に深く心動かされる

10.とても良心的である

11.すぐにびっくりする(仰天する)

12.短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう

13.人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく (たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)

14.一度にたくさんのことを頼まれるがイヤだ

15.ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける

16.暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

17.あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる

18.空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

19.生活に変化があると混乱する

20.デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

21.動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

22.仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

23.子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか 「内気だ」 と思っていた

以上の質問のうち12個以上に「はい」と答えたあなたはおそらくHSPでしょう。

しかし、どの心理テストも、実際の生活の中での経験よりは不正確です。

たとえ「はい」がひとつかふたつしかなくても、

その度合いが極端に強ければ、そんなあなたもHSPかもしれません。

以上、ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 より抜粋  

               エレイン・N・アーロン [著]・ 冨田香里 [訳]

              
HSPの特徴とは?敏感で繊細、感受性が高い人【自己診断】 より転記
https://www.pojihiguma.com/entry/HSP-binkan-sensai-jikoshindan

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は病気じゃない

はっきりいますと
『HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)』は
病気ではありません。

どこでそう間違って
伝わってきてしまったのか
解りかねますが・・・^^;

いわゆる
エンパスも
もちろん病気ではありません。
※エンパスとは、共感力が強いために相手の気持ちが手に取るように分かったり、
他人の痛みや苦しみを自分の事のように感じてしまう特殊能力の1つです。

私個人の解釈では
単なる個人の特定の能力です。

まあ
かなり特殊な能力といえるでしょう。

霊視ができるとか
超能力を使えるとか
エンパスとか
HSPとか
おおよそ
同じ類のものです。

かなり強ければ
能力者として
ありがたいことに
それはもうお仕事になります^^

現代社会を
生きづらいだけで
病気なんてひどい扱いですよね^^;

原始社会では
かなり重宝がられていた能力なのにねー^^

私なんて
霊視も
超能力も
エンパスも
HSPもありますから
このご時世
現代社会は
本当に生きづらいです^^;;;

子ども時代は
田舎だったのですが
家のにおいが気持ち悪くて
外にばかりいました。
(ポルターガイスト家でしたから幽霊たくさんいましたし
幽霊さんのにおいは今でも苦手です・・・^^;;;)

まあ
その匂いは
人間の感じるにおいではなくて
霊的なものだから
仕方なかったのですが・・・^^;

木が切られた丸はげの山にいったら
木が泣いていて
共感してしまって
そのエネルギーを感じて
えんえんと泣いていました。

それが
親にはわからないわけで・・・
まあ、扱いにくい子供ですよね^^;;

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)はコントロールできます

私に限らず
きっと
子ども時代に苦しんでいて
大人になって少しは社会経験から
コントロールできるようになる人も多いかもしれません。

私の場合は
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)だけでなく
エンパス
霊視があったので
若い頃
特に霊能力が強くなった時
コントロールできなくて
幽霊を部屋に呼んでしまうようなことが多々ありました。

その辺りは
レイキや
アチューンメントや
チャネリングによって
エネルギーをコントロールできるようになったので
いまではかなりましになりました^^

波動を変えることで
人込みでもエネルギーを消耗せず
幽霊さんのアタックにも勝てるようになりましたし^^v

この記事を見て
ご相談されたい方は
こちらへご連絡くださいね。
ご案内などいたしますので
https://trinity-in.com/form

日本人に多いHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)

ただ
日本人は
このHSPやエンパスの人が世界的に比べると多いとされています。

世界中の人は
日本に来て驚くんですよ。

5つ星のホテルではなく
いわゆる普通のホテルや旅館でも行っている
いわゆる
「おもてなし」なんて
世界どこ見てもはっきりいってできるわけないんです。

お客様がいらしたら
スリッパをそろえてお出しして
脱いだ靴をそろえてくこと。

お茶菓子は
甘いもの
塩辛いもので旅の疲れを癒すこと。

すぐにお茶をお出しするけれど
じっと
コーヒーをみていたら
お茶より
コーヒーが欲しいのだと思って
変えてお出しすること。

暑がっていたら
冷たいアイスコーヒーにすることなどなど

「何も言ってないのに
どうしてわかるの?」
必ずそういわれます。

日本人にとって
当たり前のことですが
言われないことはしないというだけでなく
有能無能関係なく
彼らはそれができないのです。

眼を見たらわかるなんて
日本人にとって
当たり前のことが
彼らには脅威の能力なのです。

日本人の魂に宿っている
大和魂は
「和をもってなす」ことでしょう?

和がどれだけ大事か
日本人の生き方を見ればわかることです。

こんなにも
美しい自然の中にいて
天気や
自然という
心でしか感じ会えないものの中で暮らしたら
そこに
敬意を感じ
生かされている感謝や
心で感じないといられないですよね^^

たとえば
山吹色なんて
海外からしてみたら
ただの黄色ですよ。

でもね
この春の終わりの
新緑まぶしい時期に咲く
山吹の色は
それは特別で
黄色に鮮やかなオレンジ色で
まるで
お日様が宿ったかのような色彩なんです。

それはもう
山吹色のほかに言いようがありません。


世界で誰もわからなくても
もしかしたら
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の人には
この上なく分かり合えることなのかもしれません。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)こそ生きる上で大切な能力

古代マヤ文明の人々は
「インラケチ」といって
あなたはもう一人の自分です。
と挨拶するんです。

たった一人で生きているのではなく
世界中
全ての者がつながっていて
全ては自分であるという考え方です。

あなたの気持ちをわからないで
生きることは
自分を生きていないのと同じなのです。

私は
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)こそ
生きる上で大切な能力なんだと思っています^^

そのおかげで
今のようなスピリチュアルなお仕事が
できるようになったわけですから^^

理解されずらい
社会になんとかうまく距離をおき
今は
本当の自分らしく
魂の求めていた
聖地なる山暮らしで
自然農業をして
自然に生かされて
お日様の恵みを感じて
心豊かに暮らしています。

畑では
農薬を使わずにいるので
虫や野生がたくさん来て
持ちつもたれずに
分け前として
食べられる分を多くして作っているので
失敗したり
思わずうまくいったり^^


先入観でやっても
失敗するので
やってみて学ぶ楽しさや
自分がコントロールできないことばかりあるので
すごく面白くて^^

信号なんて
ふもとの国道にあるくらいで
コンビニも
スーパーも
家から車で20分くらいかかるなんて
普通の人からしたら
まるで考えられない暮らし方なのかもしれませんね^^

都会に生きるよりは
田舎暮らしのほうが
もしかしたら
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)には
向いているのかもしれませんね^^

ただ
若い頃は
都会での暮らしは刺激的で楽しく
たくさんの出会いがあるので
たくさんの学びもあります。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)でも
都会でも
田舎でも
自分らしく生きられるよう
自分が選択できるといいですね^^

スピリチュアルカウンセリング」再開しました!

もっと自由に♪もっと楽しく♪もっとわくわくしながら♪
より自分らしい最幸な人生のためには
運命の輪を回すコンサル

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!!!
あなたのために感謝の想いを込めて・・・♡
クリック♪
↓↓↓神聖なる愛と光のエネルギーをお送りいたします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

クリック♪
↓↓↓さらなるスピリチュアルな奇跡が起きますように
心を込めてお祈りをお送りいたします♡