心からお悔やみ申し上げます。

運命の輪を回すコンサルタント
真善美(ますみ)です。

まずは
ご長男Eさんへ心からお悔やみ申し上げます。

この事件は他人事ではなく
誰もが起こしうる可能性もあるし
この令和という時代の
社会を表している・・・
そう感じました。

元農水事務次官長男殺害事件とは

元農水事務次官長男殺害事件は、
2019年6月1日に東京都練馬区にある自宅において
元農水事務次官の父親K(当時76歳)が、
無職の長男E(当時44歳)を刺殺した事件である。

2019年12月12日、初公判において父親Kは
起訴事実(長男の殺害)を認め、
懲役8年が求刑された。

同年12月16日の判決で懲役6年の実刑が言い渡された。

2019年5月25日、それまで一人暮らしをしていた長男Eが自宅に戻り、
父親Kと母親と長男Eでの3人の生活が始まる。
(父親Kの供述によると)その直後から長男Eによる激しい家庭内暴力が有り、
父親Kと母親はおびえて暮らすようになっていたという[3]。

長男Eは外出せずオンラインゲーム等をして引きこもり状態の生活をしていたが、
2019年6月1日、近所の小学校の運動会の声がうるさいと腹を立て父親Kと口論になる。
数日前の2019年5月28日に、
川崎市で引きこもり状態の中年男性が私立小学校のスクールバスを待つ児童と
父母を無差別に殺傷する事件(川崎市登戸通り魔事件)が起きており、
父親Kは(逮捕時の供述によると)「息子も周りに危害を加えるかもしれないと」不安に思い、
刃物で長男Eを殺害した。

長男Eは十数か所を刺されており、強い殺意が有る事が疑われた。

誰もが被害者にもなり、加害者にもなりえる時代

この事件を知り
これは他人事ではなく
何処にでもありうる危機なのだと思います。

私の姉は
四年前亡くなりましたが
かなり長い間精神病を患っていました。

そのきっかけも
彼女の高校時代に受けたいじめだったようです。

登校拒否
そして鬱、自殺未遂と・・・
かなり危険でしたね^^;

私はその時まだ小学生で
彼女のことを理解する年ごろではなかったのですが
家庭内はけっこうあれていました^^;;

けっきょく
かなり病気がひどくなってしまって
私がこれはやばいと
病院に連れて行った形となってしまったのですが
世間的には「統合失調症」というものが
認知され始めた頃でした。

うちの両親は
精神病はもっと頭がおかしい人がなるもの
だから
これは精神病ではないという感じで
最初は理解できない感じでした。

両親も
「統合失調症」の病名をいただいたところで
ああ、病気だったのかとなるのですが
そうでなければ
日々
姉と両親の言い争いは続いていたかと思うと
ぞっとします・・・。

引きこもっている人
すべてが病気というわけではないと思いますが
私の姉のケースのように
「統合失調症」のような精神的な病の場合もあります。

軽い時、調子がいい時などは
普通に仕事もしていたので
一見何事もないように感じても
本人にしかわからない苦しい時がありますので
専門のところへ診ていただくことも必要です。

家庭内のことは
あまり他言したくないという
日本の風潮があり
なかなか言い出せないこともあるかもしれません。

だれかに
話を聞いてもらうことでも
第一歩を踏み出せるので
私のところでもよければご相談くださいね。
スピリチュアルカウンセリング
特にその状態になった原因から
アプローチできますので
良い一歩を踏み出せるはずですので^^

なぜ父は息子を?

父親Kは
引きこもっていた息子の暴力をみかねて
そして
いつかもしかしたら
我が息子も通り魔事件を起こしてしまうかもしれない・・・
そのように思ったのかもしれませんね。

長男Eはどうでしょうか?
霊視すると
彼の孤独で震えるほどの悲しい心の内が
あふれ出てきます。

彼の心は
まだ幼い子供のような状態で
この状況を理解していないようなのです。

彼による言葉や力による暴力は
言いようのない彼の心の孤独によるものです。

一番大切な人に
救われることがなかったことが
何よりもやり切れない漆黒の闇の中に
彼自身がのめりこんでしまったのでしょう。

以前このような記事を書きました。

あなたは何から自由になりますか?・・・尼崎連続変死事件を霊視してみました。

あなたは何から自由になりますか?・・・尼崎連続変死事件を霊視してみました。

人間はある意味自己犠牲の上で子供を愛します。
でも
親はその犠牲をいとわないくらいに子供への愛情を注ぐのです。

親子という絆、血脈から
子供へ愛情を注ぐことは不変であり
未来永劫変わらないことなのですが
とくに、子供時代愛情を注がれず
愛することに対して臆病になり
だれも人を愛することができない親は
子供にどのように接すればよいかわからないので
自己犠牲が大きな負債に変わります。

夫婦、家族という団体になると
その形が微妙に崩れてきます。
価値観をどこにおけばよいのか?という
社会的ルールを作り出します。

愛されたことがないので
感情がわかりません。

どうすればうれしいのか
そうすれば楽しいのか
よくわからないまま生きてしまいます。

欲求を満たそうとすればするほど
欲求不満を呼びます。

満たされるために何かを手に入れること
人に認められるために
地位や権力、お金、人間関係に固執します。

一家破産というのは
実はどの家庭にも起きうることです。

親による子供へのコントロール
親が決めた価値観を子供に押し付けることなどや
過干渉や自立させないことなどでおきる家庭不和など
ある意味この事件のケースに近いのではないでしょうか?

さらにいうと
あなたがもし恐れを感じているならば
そこから抜け出して
自由を手に入れるための行動に移すか
気持ちを切り替えて
変わらなければならないということです。

イサクの燔祭とグレートコンジャンクション

この事件といい
なぜかここ最近の事件は
ナイフによる刺殺が多いのです。

ナイフというものは
形而上的に
男性性を意味します。

男性による刺殺事件というのは
この”男性性”の枯渇による欲求を意味します。

今はちょうど
山羊座に木星・土星・冥王星が集結している
いわゆる
「トリプル・グレートコンジャンクション」という
状態になっています。

このグレートコンジャンクションというのは
大変革の時期を意味します。

今年令和になり
父と子の事件が多いように感じます。

冥王星というのは
破壊と再生を意味する星です。

土星は
社会や秩序、地位を意味し
山羊座は第2ハウスにあり
仕事やキャリアを意味しています。

つまり
元農水事務次官長男殺害事件は
元キャリア官僚である父
そして
父と子という組織
男性性の繋がりの中における意味付けが出来上がります。

旧約聖書の中に
「イサクの燔祭」という逸話があります。

イサクの燔祭(イサクのはんさい)とは、
旧約聖書の『創世記』22章1節から19節にかけて
記述されているアブラハムの逸話を指す概念であり、
彼の前に立ちはだかった試練の物語である。

その試練とは、
不妊の妻サラとの間に年老いてからもうけた
愛すべき一人息子イサクを生贄に捧げるよう、
彼が信じる神によって命じられるというものであった。

この試練を乗り越えたことにより、
アブラハムは模範的な信仰者としてユダヤ教徒、
キリスト教徒、並びにイスラム教徒によって讃えられている。

父アブラハムは
神を信じて疑わなかった。

それは
きっと神なら
息子イサクを救ってくれるはずと信じていたから。

そして
息子イサクも迷わなかった。

自分が燔祭の子羊として捧げられることになっても
神が父アブラハムを救ってくれるはずと
信じて疑わなかったから。

もし
父親Kが長男Eを本気で愛して
心から信じていたら?

もし
長男Eが父親Kを本気で愛して
心から信じていたら?

愛というものは
どんな時にでも
恐れを乗り越え
自由へと変えることができるのです。

もし
死神がやってきて
決断を迫ったとき
恐れを感じたなら、その状況を変えなければなりません。

もし、愛を感じたなら、あなたの中には
すでに新しい何かがあるということです。

あなたにとって
愛とは何ですか?

そして
何から自由になりたいと感じますか・・・?

今のあなたを
もっと深く知りたい
今ある悩みの解決をしたい
原因を知りたいなら
スピリチュアルカウンセリング

より自分らしい最幸な人生を
歩むための一歩を知りたいなら
運命の輪を回すコンサル

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!!!
あなたのために感謝の想いを込めて・・・♡
クリック♪
↓↓↓神聖なる愛と光のエネルギーをお送りいたします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

クリック♪
↓↓↓さらなるスピリチュアルな奇跡が起きますように
心を込めてお祈りをお送りいたします♡