200px-ChildrensofFatima.jpg
今からおよそ100年近く前の1917年5月13日、ポルトガルの一寒村のファティマに聖母マリアが出現しました。この日の正午過ぎ、羊を連れた3人の牧童が村から2キロほど行ったコバ・ダ・イリアという窪地にさしかかった時、突如空中に鮮烈な閃光がきらめき、柊(ひいらぎ)の木の上に美しい貴婦人が現われたのです。
 後に聖母マリアと特定された貴婦人は、今後毎月同じ13日にこの場所に来るよう3人の子供に告げます。
このようにして、その年の10月13日まで聖母マリアは都合6回示現したと言われています。この噂は同村はもとよりポルトガル中、ヨーロッパ中に広まり、回を追うごとに聖母示現を一目見ようと群集が押しかけるようになります。
 特に最後となった10月13日には、同地に10万人もの群集と報道陣などが集結しました。この日は土砂降りの雨だったものの、突如ピタッと止み分厚い雲の切れ間から「銀色に輝く太陽」が出現し、群衆めがけて3度ほど降下、上昇するなどの大奇跡が起りました。青空となり「本物の太陽」が現われた時には、群集の着物や木々や地面も完全に乾燥していたといいます。
 ルシア、フランシスコ、ヤシンタの3人の子供のうち、特に当時10歳で最年長だったルシア・ドス・サントスに、聖母マリアは人類の未来に関する重要なメッセージを託したとされています。.ルシア自身後に修道女となり、聖母から託されたメッセージを「3つの予言」としてまとめバチカンに預けます。
 そのうち第1は、当時進行中だった第一次世界大戦が間もなく終結すること。第2は、第二次世界大戦の勃発に関すること。この2つは、細部まで予言が的中したと言われています。
 問題は「第3の予言」です。これについてバチカンは、なぜか「1960年まで公表してはいけない」として内容を公表しませんでした。そして直前にこれを読んだ時の法王・パウロ6世はあまりの衝撃的な内容に卒倒し、「これは人の目に絶対触れさせてはいけない」として発表差し止めとしたのです。
 以来第3の予言は秘密文書として、バチカン宮殿の奥深く今に至るも厳重に秘匿されているのです。そのためさまざまな憶測を呼び、「ファティマ第3の秘密」と言われています。
 なお聖母示現のあったファティマには、フランスのルルド同様その後堂々たる大聖堂が建立され、世界中から年間何百万人もが訪れるカトリックの大聖地となっています。
 また修道女となったルシアは、2005年2月13日97歳で昇天しました。
もっとも注目されているのが
この「ファティマ第3の秘密」ですが
内容はどのようなものか?
これはやはり、第三次世界大戦の予言であり
また、悪魔と天使との戦いではないでしょうか?
予言が秘密とされ、封印されるということは
個人的内容が書かれているか
もしくは
教会として絶対にあってはならないことを物語っています。
ユダヤ、イルミナティーの蜂起によって引き起こされる
第三次世界大戦と
イスラム教によるキリスト教弾圧
あたりではないでしょうか?
いずれにせよ
悪魔のエネルギーが高まることを意味していて
それに対して
バチカンが対抗するべき内容が書かれていたことに
違いありません。
中東の革命以降
イスラエルと米国の関係は日に日に変化しています。
秘密が明るみになる日もきっと近いのでしょう・・・。
ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ