今年の結果は・・・♡

運命の輪を回すコンサルタント
真善美(ますみ)です^^

筒粥(つつがゆ)神事について

諏訪神社では
毎年一月に「筒粥(つつがゆ)神事」という
いわゆる
”粥占い”をします。

毎年、
下諏訪町の諏訪大社下社春宮で14日夜から15日早朝にかけて
その年の吉凶を占うという
長年受け継がれているご神事ですが・・・

この神事(占い)がこれほど注目されているのは
東日本大震災をみごとに言い当てたということです。

実は
2011年に「三行半(みくだりはん)」を意味する「三分五厘」となり
今までになく、かなり厳しい結果となり
まさにその2ヶ月後には、
東日本大震災という巨大地震と巨大津波が起き
近代まれにみる大災害となってしまったのです。

さらには
昨年2019年は
台風15号で千葉全域で被害が
そして
台風19号の影響で
宮城や茨城の河川域
そして
長野県内は千曲川が氾濫し
多大な被害を受けてしまいました。

昨年までの結果について

2017年 諏訪神社の「筒粥(つつがゆ)神事」の結果は・・・

2018年 諏訪神社下社春宮での「筒粥(つつがゆ)神事」の結果

2019年 諏訪神社下社春宮での「筒粥(つつがゆ)神事」の結果

今年2020年の「筒粥(つつがゆ)神事」結果は?

下諏訪町の諏訪大社下社春宮で14日夜から15日早朝にかけ、今年の世相や農作物の豊凶を占う「筒粥神事」があり、世相は昨年と同じく、5分満点で「3分5厘」だった。

 束にしたヨシの茎44本を米や小豆と一緒に釜で炊き、茎の中に入った粥の量や状態で占った。

 境内の筒粥殿は中央に炉が切られ、車座になった神職8人が囲んだ。火おこし棒で炉に火をつけ、大はらいの詞を唱えながら夜を徹して粥を炊きあげた。

 農作物の出来は、漬菜や夏蚕などが「上の上」、蕎麦や晩稲などは「上の中」と出た。大社の神職は「今年も台風や大水など災害には注意が必要だが、実りの秋を迎えられる」と見通した。

中日新聞より

ちなみに
2011年と2018年、2019年と同じ
「三行半(みくだりはん)」を意味する「三分五厘」
という結果になってしましました^^;;

やはり
昨年と同じく
何かと災害などの多い年となるようです。

今まで以上に
気を付けて
日々を大切に過ごしてください。

世界は
大転換の時期にきています。

2020年12月22日水瓶座グレートコンジャンクションにむけて今すべきこと

今ある暮らしは
明日どうなるのかわからないと
いってもよい時代と
なってきているのは
間違いないように感じます。

だからこそ
今あなたの生き方が問われています。

あなたの人生は
この世でたった一回なのです!

さあ
あなたらしい人生へ
歩み始めましょう!

もっと自由に♪もっと楽しく♪もっとわくわくしながら♪
より自分らしい最幸な人生のためには
運命の輪を回すコンサル

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!!!
あなたのために感謝の想いを込めて・・・♡
クリック♪
↓↓↓神聖なる愛と光のエネルギーをお送りいたします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

クリック♪
↓↓↓さらなるスピリチュアルな奇跡が起きますように
心を込めてお祈りをお送りいたします♡